「梅の日」は年に1度の決起大会

 6日は「梅の日」だった。平成18年にみなべ町や印南町、田辺市などの紀南地方の梅関係機関で組織する紀州梅の会の申請で制定した。約470年前の1545年6月6日、時の天皇が京都の賀茂神社で催された「葵祭」で梅を奉納して祈ったところ、たちまち雨が降り始め、五穀豊穣をもたらしたという。人々はその恵みの雨を「梅雨」といい、梅に感謝したという故事にちなんでいる。
 制定以後、記念行事が展開されている。ことしも須賀神社で式典、田辺本宮大社でも行事、京都の下鴨・上賀茂神社に青梅を献上、東京の大田市場ではフェアが行われた。地元のみなべ町では商店経営者の妻が結成している「おかみ元気会」らが商店街にブースを設けて飲食物などを販売。田辺市でも学校給食に梅料理が登場するなど、梅の日を盛り上げようという取り組みが各地で行われた。
 梅は近年、価格低迷、販売不振などの問題が言われており、消費に関しても若者が梅を食べなくなっているという課題がある。10数年前は高値で取引され、「青いダイヤ」とまで呼ばれた時代もあったが、いまでは耕作放棄地の梅畑も見られ始めている。ウメ輪紋ウイルスの拡大も心配され、産地は解決しなければならない多くの懸念材料を抱える。
 梅の日の趣旨は、「梅を贈って健康を祝し、ロマンを語る日」で、制定当初は「バレンタインデーにチョコレートを贈るように、梅の日に全国的に梅を食べるようになれば」という願いが込められた。現状ではその域には達していないが、先人らの功績に感謝しつつ、問題解決に向けて地元が一丸となることを再確認することも大切だ。梅の日は1年に1度の決起大会といえるだろう。 (雄)

関連記事

フォトニュース

  1. 水をまいたら涼しくなるよ

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る