目指せ日本代表のチームワーク

 団体スポーツで強いチーム作りに最も大事なことは、選手やスタッフの一体感だろう。すなわちチームワークであり、スポーツ取材で勝利した監督に話を聞くと「チーム一丸での勝利」との言葉がよく聞かれる。チームプレーの醍醐味であり、また難しいところでもあるだろう。それが一流選手の集まりとなるとなおさらだ。個を主張しすぎるとチームバランスは崩れ、控えすぎると自分らしさが生かされない。個を生かしながらチームになじむ、個人の能力もあるが、やはり強力なリーダーがいてこそチームはまとまる。
 開幕まで秒読みとなったサッカーワールドカップ。ベスト16の活躍だった4年前の日本代表メンバーの帰国後の会見は、チームワークのよさが伝わってきたのをいまでも覚えている。前回以上の躍進に期待がかかる今回、カズこと三浦知良選手が日本サッカー協会の特別スタッフとして参加することになったという。1998年のフランスW杯でまさかの代表落選は記憶に新しく、個人的にはいまだにすっきりしないが、今回の特別スタッフの報道は朗報だ。代表チームに同行はしないようだが、大事な初戦、コートジボワール戦を観戦するという。頼れる兄貴分が同じスタジアムにいるだけでも心強い。16強の壁を破ってくれることを期待している。
 チームワークはスポーツに限らずどんな世界にも必要だ。学校や職場といった集団の中でも同じこと。まとめ役となるリーダーや指揮官がいるか、みんなのために自分が果たすべき役割はなんなのかを考えて行動できているか。自問してみると反省点ばかり。日本代表に感化され、チームワークを形成するために、自分ができることを考えてみたい。 (片)

関連記事

フォトニュース

  1. この野菜はな~んだ?

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る