「全力で、ひた向きに、気高く」

 サッカーワールドカップブラジル大会の開幕が間近に迫っているが、今月5日、オランダ・ハーグでもう一つのワールドカップが始まった。60歳以上の選手が出場するグランドマスターズ・ホッケーワールドカップだ この大会に日本チームの一員として出場する妹背修治さん(美浜町)は、昨年9月からことし1月まで本紙で「GMホッケー選手の海外遠征記」と題する体験記を連載。その原稿を前半、書き下ろしのホッケー論を後半に収録する著書がこのほど発行された。後半はプレーの質を高める実践的な方法が書かれているが、高齢者のためのスポーツ論、また日本文化論、世代論としての一面もあり面白く読んだ 幼少時から野球に親しんできた世代としては、プレー中は全員休まず攻守に駆け回るホッケーはいささか勝手が違い、ボールの行方を見守る傍観者になってしまいがち。その結果、状況に応じて自分がボールの受け手になろうと積極的かつ臨機応変に動くことができず、簡単なパスもなかなか通らない。基本的なパスの受け渡しがスムーズにできればプレーもずっと楽に、楽しくなるのに。実戦経験を積むと同時に意識から変えていく必要がある、と ホッケーは前半後半各35分走り回る過酷なスポーツ。その世界大会に自ら挑戦し全力で楽しんでいる、そんな熱さが伝わる。年を重ねるとは新たな自分と出会うことでもあると思うと、読んでいるこちらも勇気が出る。「そうやってもなお、世界の壁は厚く、高くそびえ立っている。だからこそ、全力で、ひた向きに、気高く挑戦する価値がある」(本文より) 関心のある方に進呈したい、とのことで数冊本社でお預かりしている。まだ若干数あるので、ご希望の方はご連絡ください。 (里)

関連記事

フォトニュース

  1. なかなか上手やん

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 第23回日高町ふれあい祭

    11月 16 @ 12:00 AM - 11月 17 @ 12:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る