「全力で、ひた向きに、気高く」

 サッカーワールドカップブラジル大会の開幕が間近に迫っているが、今月5日、オランダ・ハーグでもう一つのワールドカップが始まった。60歳以上の選手が出場するグランドマスターズ・ホッケーワールドカップだ この大会に日本チームの一員として出場する妹背修治さん(美浜町)は、昨年9月からことし1月まで本紙で「GMホッケー選手の海外遠征記」と題する体験記を連載。その原稿を前半、書き下ろしのホッケー論を後半に収録する著書がこのほど発行された。後半はプレーの質を高める実践的な方法が書かれているが、高齢者のためのスポーツ論、また日本文化論、世代論としての一面もあり面白く読んだ 幼少時から野球に親しんできた世代としては、プレー中は全員休まず攻守に駆け回るホッケーはいささか勝手が違い、ボールの行方を見守る傍観者になってしまいがち。その結果、状況に応じて自分がボールの受け手になろうと積極的かつ臨機応変に動くことができず、簡単なパスもなかなか通らない。基本的なパスの受け渡しがスムーズにできればプレーもずっと楽に、楽しくなるのに。実戦経験を積むと同時に意識から変えていく必要がある、と ホッケーは前半後半各35分走り回る過酷なスポーツ。その世界大会に自ら挑戦し全力で楽しんでいる、そんな熱さが伝わる。年を重ねるとは新たな自分と出会うことでもあると思うと、読んでいるこちらも勇気が出る。「そうやってもなお、世界の壁は厚く、高くそびえ立っている。だからこそ、全力で、ひた向きに、気高く挑戦する価値がある」(本文より) 関心のある方に進呈したい、とのことで数冊本社でお預かりしている。まだ若干数あるので、ご希望の方はご連絡ください。 (里)

関連記事

フォトニュース

  1. 美浜町で戦没者法要

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る