上手くなるより強くなれ

 プロゴルファーの松山英樹が日本人で4人目、その最年少となる22歳でアメリカツアー優勝を飾った。少し前には、まだ15歳のアマチュア、勝みなみが国内ツアーを制し、こちらも女子プロツアー最年少記録を更新。人気者の石川遼、宮里藍も頑張らねば。
 勝みなみといえば、まさかのおにぎりショットに笑わされたが、クラブの握り方がベースボールグリップということでも話題。飛距離は出るが、利き腕の力が入りすぎやすく、プロではこの握りの選手はほとんどいないという。
 テニスの錦織圭も好調で、王者ナダルを追い詰め、ランキングは一時9位まで躍進した。彼のプレーがどれほど我流なのかは分からないが、世界で活躍する日本人選手を見ていて、宮本輝の小説のテニスの話を思い出した。
 どんなスポーツも、グリップやスイング、練習方法などに基本の形がある。それはしばしば「王道」という言葉で表され、指導者は徹底してそれを教え込む。選手はやがて力をつけ、理にかなったきれいなプレーをするようになる。が、見たこともない変則フォームで、予測不能の動きをする選手に苦戦、負けることもある。
 王道に対しての「覇道」。イチロー、野茂もしかり、監督やコーチに否定されてもスタイルを変えず、結果で周りを黙らせた。一見、突飛で型破りな技も、虚仮の一念、それを極めれば王道となり、自分よりキャリアも実力も上の者を負かすことができる。
 日露戦争を決した日本海海戦では、東郷平八郎率いる連合艦隊が王道の丁字戦法の上に、敵前大回頭という覇道をもってバルチック艦隊を撃ち破った。スポーツでも、基本の上に我流を極め、非力な日本人が巨漢の外国人を倒すのはたまらなく痛快。さて、W杯やいかに。  (静)

関連記事

フォトニュース

  1. 気持ちよく踊れました

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る