和歌山をまるかじり

 和歌山産の食材を活用して新たな地域ブランドの創出等を目的とし、県と県内の食品加工業企業などでつくる県食料産業クラスター協議会の紀州梅バーガー開発研究会が2日、紀州うめどりなどを使用した新商品「紀州梅バーガー」を発表。コンビニエンスストアのローソン、パンのカワ、食肉専門店の肉のまる彦本店の3社が県産食材をたっぷり使い、独自の技術で開発。10日から順次、それぞれの店舗で販売される。
 県食料産業クラスター協議会は和歌山の特産、梅の消費拡大、需要喚起を目的に、平成24年10月、県と県工業技術センター、民間の食品事業者でつくる紀州梅バーガー開発研究会を設置。昨年2月の商品化第1弾「山椒香味油」に続き、今回、3種類の「紀州梅バーガー」の開発、販売にこぎつけた。
 ローソンは紀州うめどりのチキンカツに南高梅ソース、梅ピクルスを合わせたバーガーで、ピクルスの酸味と梅ソースの甘さがマッチ。10日から近畿2府4県のローソン2065店に登場、1個298円(税込み)で販売する。
 カワはパン工房のノウハウを生かし、栄養満点の八穀パンに紀州うめどりのチキンカツを挟み、梅ピクルスのタルタルソースと梅特選ソースのWソース、さらに紀州はちみつ南高梅がまるごと入った。1個422円(税込み)、県内10店と大阪南部の6店で7月1日から8月31日までの期間限定販売となる。
 和歌山市七曲り市場にある肉のまる彦本店は、食肉専門店としてハンバーグにこだわり、うめどり、うめぶた、熊野牛の3種類のミンチ肉を使用。10日から通年販売で四季折々の野菜も楽しめ、当面は日高地方産のキュウリ、トマト、布引(和歌山市)の新タマネギが使われている。1個500円(税込み)で男性も満腹のボリュームとなっている。
 2日の発表会では3社の商品開発担当者らがそれぞれの商品をPR。ローソンは「売れ行きが好調なら、販売期間を延長したい」、カワは「とりあえず夏季限定だが、好評なら来年も国体開催に合わせての販売を検討したい」と話し、肉のまる彦は本店のみでの販売となるが、「県が主催する各種観光イベント等でどんどん販売していきたい」と話していた。

関連記事

フォトニュース

  1. ありがとうございます

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る