田んぼアート、秋には「♨」が浮かぶ

 県の過疎集落再生・活性化支援事業の一環で、田辺市龍神村中山路地区の寄合会は同村安井地内の水田に温泉マーク「♨」をデザインする「田んぼアート」への取り組みをスタートした。稲穂が赤くなる古代米と普通の米の2種類を使って実施。3日には地元の中学生や高校生ら約170人が田植えを行った。順調に生育すれば、9月中旬ごろには温泉マークが浮き上がって見える。
 田んぼアートは寄合会の加盟組織「みらい龍神」(富田進会長)が担当し、龍神市民センター近くの休耕田16㌃を活用。昨年は雑草の除去を行い、試験的に地元の中学生や高校生らが米栽培も行った。ことしは「観光客や住民らに景観を楽しんでもらいたい」と田んぼアートに挑戦。古代米を栽培している村内の農家から苗の提供を受け、普通の米の苗との2色(赤と緑)で描く。デザインは3美人湯の里で知られることから温泉マークに決めた。耕作する田んぼは3区間に分かれており、赤地(古代米)に緑(普通の米)の温泉マーク、緑地に赤の温泉マーク、赤と緑を半分に分けたデザイン(上が赤地に緑、下が緑地に赤)の3パターンに挑戦する。温泉マークの大きさは十数メートル程度となる。3日の田植えでは、南部高校龍神分校生74人、龍神中学生83人が手植えで作業を行った。龍神分校3年の野尻麻緒さんは「どんな風に仕上がるのか楽しみ」と話しながら作業を行っていた。冨田会長は「田んぼアートをすることで、稲が生長していくとともに地域の住民らに興味を持って見てもらえる。ことしだけでなく継続していけば、龍神の田んぼアートの取り組みが広く認知される」と期待している。

関連記事

フォトニュース

  1. 町長さん、わざわざありがとうございます

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る