和歌山市でウメ輪紋ウイルス

 県は29日、和歌山市東部の梅栽培園で、果実を落下させるなどの被害をもたらす「ウメ輪紋ウイルス(プラムボックスウイルス)」を確認したと発表した。昨年初めて発見された園地に隣接する場所。もし梅の主要産地の日高地方や西牟婁地方などにまで拡大すれば、大きな被害が発生する。
 ウメ輪紋ウイルスは梅やモモなどに感染。感染樹は落果したり葉に紋が出る被害が発生する。アブラムシによって媒介されるほか、感染した植物の苗や穂木などの移動で感染が広がる。
 昨年5月に県が行った独自調査により和歌山市東部で計19本の梅の木から感染樹が確認されたことを受け、県と農林水産省神戸植物防疫所が先月30日と今月1日の2日間にわたって昨年の発生場所周辺で調査を実施。対象は半径500㍍圏内の梅、モモ、スモモの計51園地(864本)と民家の4戸18本。結果、梅の1園地で2本の感染樹が確認された。県はアブラムシが葉についてウイルスが媒介しないよう感染樹の枝を切るなどの対策を進め、今後は感染樹の廃棄処分を行う。県は昨年度から2カ年で県内の梅とモモなど合わせて計2万検体(4000区画)を独自調査しており、本年度も1万検体(2000区画)を調べる。
 国内では平成21年に東京都青梅市で初めて確認され、以後は神奈川、茨城、埼玉、滋賀、奈良、兵庫、大阪でも発生。昨年には三重県でも見つかり、和歌山県を含めてこれまでに10都府県で確認されている。県は3月に制定したウメ輪紋ウイルスの蔓延防止条例に基づき、梅、モモ、スモモなどについて和歌山市から他の市町村への果樹(種子と果実を除く)の移動を制限している。感染した木の果実を食べても人体に影響はない。

関連記事

フォトニュース

  1. でっかいオモチャみたい?

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る