収穫本番、南高梅の出荷スタート

 通常の南高梅よりも高値で取り引きされる紅南高の栽培方法を広めようと、県やJA紀州主催の講習会がみなべ町西本庄の梅畑で開かれた。直射日光が当たることで果実の赤みが増すことから、県うめ研究所の職員らは光を遮断させないように摘葉処理方法をアドバイスした。
 紅南高は、南高梅の果実に光がたくさん当たることで紅色に着色した果実。赤く色付いた部分が5割以上を超えた果実については「紅南高」として、加工せず青梅出荷する。外観の美しさや希少価値から、市場では通常の南高梅の2倍以上で取り引きされる。
 県うめ研究所では以前から紅南高の栽培をマニュアル化し、摘葉処理することで紅南高の生産量がアップしたデータなどをまとめていた。機能性についても、紅色着色した果実はポリフェノールや抗酸化能の含量が高まるという。
 講習会は、春先に梅の新梢を摘み取る摘心処理のモデル園を行っている谷本隆夫さんの梅畑で開催され、農家から15人が参加。県うめ研究所の行森啓主査研究員が作業の説明に当たり、「果実が付く結果枝周辺の葉を農業用の電動バリカンで取り除いたあと、細かな部分は手でちぎって果実への日当たりを良くする」と方法を指導した。参加者らは「通常よりも高値で取り引きされる紅南高は魅力。収入をアップさせるために、量産に取り組んでみたい」と話していた。

関連記事

フォトニュース

  1. 真っ向勝負!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る