平成26年度市民教養講座が開講

 ことしも市民教養講座が開講、第1回は東進ハイスクール・東進衛星予備校講師の林修氏。テレビでおなじみの軽快な口調でコミュニケーションについて語った。
 「相手を観察するところからスムーズなコミュニケーションは始まる」ことが例を挙げ語られた。この講演でもまず客席を観察、年齢層の高さから「ビジネスにおけるコミュニケーション論」の予定を急きょ変更。家族間の関係など身近で分かりやすい話となっていた。 
 しかし高齢者だからビジネスの話についていけないとは限らない。今や60代は現役、70代、80代でもさまざまな分野で活躍する人は多い。これらの年代に多い市民教養講座ファンは「その道のプロ」の話を楽しみにしている。ビジネスシーンを想定しても、経験に則した深い内容なら皆十分興味を持って聴けたはずだ。実際、終演後に「高齢者だからと話を変えず予定の話をしてほしかった」と話す声も耳にした。
 それはそれとして、「タダだからとツイッターなどで貴重な時間を浪費する若者が多い。お金を払ってでもやりたいことだけをやってほしい」「今の若者はあまりにもせせこましく生きている。皆さんがカッコいいお金の使い方を教えてやって」「孫には『丁寧に生きる』ことを教えて。一人でも多く素敵な子が育つのはこの国の財産」など心に残る言葉も多いバラエティに富んだ講演。特に「一日1足の靴も磨けない人がちゃんとできるわけがない」は、靴のことなどろくに考えたこともないような筆者にはドキッとする一言であった。
 市民教養講座は出会いと発見の90分。限りある紙面で内容を表現するのにいつも頭を悩ませる。精進して肝となる部分を見抜き、できる限り分かりやすく伝えていきたい。  (里)

関連記事

フォトニュース

  1. ながらはアカンよ

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る