平成26年度市民教養講座が開講

 ことしも市民教養講座が開講、第1回は東進ハイスクール・東進衛星予備校講師の林修氏。テレビでおなじみの軽快な口調でコミュニケーションについて語った。
 「相手を観察するところからスムーズなコミュニケーションは始まる」ことが例を挙げ語られた。この講演でもまず客席を観察、年齢層の高さから「ビジネスにおけるコミュニケーション論」の予定を急きょ変更。家族間の関係など身近で分かりやすい話となっていた。 
 しかし高齢者だからビジネスの話についていけないとは限らない。今や60代は現役、70代、80代でもさまざまな分野で活躍する人は多い。これらの年代に多い市民教養講座ファンは「その道のプロ」の話を楽しみにしている。ビジネスシーンを想定しても、経験に則した深い内容なら皆十分興味を持って聴けたはずだ。実際、終演後に「高齢者だからと話を変えず予定の話をしてほしかった」と話す声も耳にした。
 それはそれとして、「タダだからとツイッターなどで貴重な時間を浪費する若者が多い。お金を払ってでもやりたいことだけをやってほしい」「今の若者はあまりにもせせこましく生きている。皆さんがカッコいいお金の使い方を教えてやって」「孫には『丁寧に生きる』ことを教えて。一人でも多く素敵な子が育つのはこの国の財産」など心に残る言葉も多いバラエティに富んだ講演。特に「一日1足の靴も磨けない人がちゃんとできるわけがない」は、靴のことなどろくに考えたこともないような筆者にはドキッとする一言であった。
 市民教養講座は出会いと発見の90分。限りある紙面で内容を表現するのにいつも頭を悩ませる。精進して肝となる部分を見抜き、できる限り分かりやすく伝えていきたい。  (里)

関連記事

フォトニュース

  1. 揺れる火に思いを込めて

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  ホラー、怪談、恐怖小説、怪奇小説、スリラーなどいろいろ類語はありますが、私はやっぱり日本古来の怪談…
  2.  代表作の「青の炎」や「悪の教典」で今や誰もが知っている人気のホラー作家貴志祐介。デビューから1年目…
  3.  ひとりかくれんぼとは、もともと関西・四国地方において、「コックリさん」と共によく知られる遊びであっ…
  4.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  5.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
ページ上部へ戻る