JICA関西の築野所長が日高高校で講演

 日高高校(上田優人校長)は26日、体育館で創立100周年記念事業第2回国際フォーラム講演会を開き、JICA(国際協力機構)関西国際センター所長の築野元則(つのもとのり)氏を招き「国際協力のすすめ」をテーマに聴いた。築野氏は日本と各国との問題やASEANとの関係について「若者レベルで友好関係を築くことが大切」と訴え、10月に同校で開催されるアジア高校生国際フォーラムに期待を寄せた。
 築野氏は和歌山県出身、橋本高校を卒業し、東京大学法学部へ進んだ。大学時代にボランティアを通じて日本社会が抱える問題を理解し、また国際政治のゼミで南北問題(先進国と発展途上国との間の経済的格差問題)に関心を持ち、貧困や紛争に苦しむ途上国への支援を志し、1981年にJICAの前身となる海外経済協力基金(OECF)に入社。以降、JICAのベトナム所長などを務めた。
 講演ではJICAが実施機関となっている政府開発援助(ODA)の必要性について、日本が戦後復興へ支援を受けた国際社会への恩返しや、日本が食糧やエネルギーで他国と深くかかわっていることなどを説明。ASEAN諸国へのこれまでの支援も紹介し、中でも自身が活動していたベトナムではODA事業を通じて多くの指導者と交流し、厚い関係ができていることを説明した。
 一方で、現在起こっているベトナムと中国との南シナ海問題も取り上げ、「このような緊張関係ではASEAN諸国も安定して発展していくことはできない。安定のために日本や韓国などアジアの主要国が協力していかなければならないが、歴史問題などがありうまくいっていないのが現状。これは私たち世代の問題でもありますが、次の時代を担う皆さんの問題にもなる」と指摘。解決に向けては「皆さんのような若者レベルで信頼関係を築いていくことが重要」と主張し、「日高高校のアジア高校生国際フォーラムはその貴重な一歩になる。主人公の皆さんの力に期待したい」とエールを送った。

関連記事

フォトニュース

  1. ボクはどれにしようかな

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 南部梅林

    2月 1 @ 12:00 AM - 3月 1 @ 12:00 AM
  2. ごぼうまちゼミ

    2月 8 @ 12:00 AM - 3月 15 @ 12:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る