JICA関西の築野所長が日高高校で講演

 日高高校(上田優人校長)は26日、体育館で創立100周年記念事業第2回国際フォーラム講演会を開き、JICA(国際協力機構)関西国際センター所長の築野元則(つのもとのり)氏を招き「国際協力のすすめ」をテーマに聴いた。築野氏は日本と各国との問題やASEANとの関係について「若者レベルで友好関係を築くことが大切」と訴え、10月に同校で開催されるアジア高校生国際フォーラムに期待を寄せた。
 築野氏は和歌山県出身、橋本高校を卒業し、東京大学法学部へ進んだ。大学時代にボランティアを通じて日本社会が抱える問題を理解し、また国際政治のゼミで南北問題(先進国と発展途上国との間の経済的格差問題)に関心を持ち、貧困や紛争に苦しむ途上国への支援を志し、1981年にJICAの前身となる海外経済協力基金(OECF)に入社。以降、JICAのベトナム所長などを務めた。
 講演ではJICAが実施機関となっている政府開発援助(ODA)の必要性について、日本が戦後復興へ支援を受けた国際社会への恩返しや、日本が食糧やエネルギーで他国と深くかかわっていることなどを説明。ASEAN諸国へのこれまでの支援も紹介し、中でも自身が活動していたベトナムではODA事業を通じて多くの指導者と交流し、厚い関係ができていることを説明した。
 一方で、現在起こっているベトナムと中国との南シナ海問題も取り上げ、「このような緊張関係ではASEAN諸国も安定して発展していくことはできない。安定のために日本や韓国などアジアの主要国が協力していかなければならないが、歴史問題などがありうまくいっていないのが現状。これは私たち世代の問題でもありますが、次の時代を担う皆さんの問題にもなる」と指摘。解決に向けては「皆さんのような若者レベルで信頼関係を築いていくことが重要」と主張し、「日高高校のアジア高校生国際フォーラムはその貴重な一歩になる。主人公の皆さんの力に期待したい」とエールを送った。

関連記事

フォトニュース

  1. 揺れる火に思いを込めて

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  ホラー、怪談、恐怖小説、怪奇小説、スリラーなどいろいろ類語はありますが、私はやっぱり日本古来の怪談…
  2.  代表作の「青の炎」や「悪の教典」で今や誰もが知っている人気のホラー作家貴志祐介。デビューから1年目…
  3.  ひとりかくれんぼとは、もともと関西・四国地方において、「コックリさん」と共によく知られる遊びであっ…
  4.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  5.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
ページ上部へ戻る