ごぼう商工祭にぎわう

 御坊商工会議所(吉田擴会頭)のごぼう商工祭2014が25日に寺内町一帯で行われ、好天の下、親子連れら1万2000人でにぎわった。「寺内町を楽しむ」をテーマに多彩なイベントが催され、人力車での散策や御坊の郷土料理「鯛麺」の試食が大人気となった。第3回D(どんぶり)―1グランプリもあり、居酒屋けんさん(見崎英樹代表)が2連覇を飾った。
 人力車は浅草で活躍している4台とプロの引き手「車夫(しゃふ)」4人を迎えて試乗が行われ、小竹八幡神社前のメーンステージでのオープニングセレモニーでは、吉田会頭や柏木征夫市長、元ミス宮子姫の三井若菜さん、会議所青年部の平野未花部長が乗って登場。吉田会頭は「たくさんのイベントがあるので、ガイドブックを見ながら一日たっぷり楽しんでほしい。人力車はくせになりそうです」などとあいさつした。このあと、同神社前と日高別院の区間で人力車の試乗(片道15分、500円)が行われ、親子連れやカップルらが順番待ちをするほどの人気。堀河屋野村をはじめ、横町や松原通りなどの古い町並みを見ながら、レトロなムードを満喫していた。メーンステージでは御坊市民吹奏楽団の息ぴったりの演奏や新極真会の迫力の演武などがあり、見物人から大きな拍手が送られた。うまいもんマルシェゾーンもあり、焼き鳥やラーメン、お好み焼きなど、御坊の名物が大人気。D―1グランプリには5店が参加し、来店者の投票で争った。閉会式前に行われた表彰式で昨年に続き三ツ星レストランの楯を受け取った見崎代表は「今回は『炙りチャーシュー丼』での参加でしたが、心を込めて炙らせていただきました」と喜びをかみしめていた。
 このほか、日高別院ゾーンではそうめんに焼いたタイを乗せた「鯛麺」の試食(300円)が行われ、200食分が完売。食べた人は「上品な味」「あっさりしておいしい」と話していた。また、鯛麺を盛る大皿の展示もあり、1枚300万円という高価な「伊万里焼」などが目を引いていた。境内では「Betuin Cafe」がオープンし、夜間にはライトアップも。日高高校生の書道パフォーマンスも好評だった。
 松原通り商店街ゾーンでも駐車場や旧店舗、天性寺などを使って高校生の演奏や茶席、バザーがあり盛り上がっていた。

関連記事

フォトニュース

  1. こうしてみると分かりやすいね

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る