ごぼう商工祭にぎわう

 御坊商工会議所(吉田擴会頭)のごぼう商工祭2014が25日に寺内町一帯で行われ、好天の下、親子連れら1万2000人でにぎわった。「寺内町を楽しむ」をテーマに多彩なイベントが催され、人力車での散策や御坊の郷土料理「鯛麺」の試食が大人気となった。第3回D(どんぶり)―1グランプリもあり、居酒屋けんさん(見崎英樹代表)が2連覇を飾った。
 人力車は浅草で活躍している4台とプロの引き手「車夫(しゃふ)」4人を迎えて試乗が行われ、小竹八幡神社前のメーンステージでのオープニングセレモニーでは、吉田会頭や柏木征夫市長、元ミス宮子姫の三井若菜さん、会議所青年部の平野未花部長が乗って登場。吉田会頭は「たくさんのイベントがあるので、ガイドブックを見ながら一日たっぷり楽しんでほしい。人力車はくせになりそうです」などとあいさつした。このあと、同神社前と日高別院の区間で人力車の試乗(片道15分、500円)が行われ、親子連れやカップルらが順番待ちをするほどの人気。堀河屋野村をはじめ、横町や松原通りなどの古い町並みを見ながら、レトロなムードを満喫していた。メーンステージでは御坊市民吹奏楽団の息ぴったりの演奏や新極真会の迫力の演武などがあり、見物人から大きな拍手が送られた。うまいもんマルシェゾーンもあり、焼き鳥やラーメン、お好み焼きなど、御坊の名物が大人気。D―1グランプリには5店が参加し、来店者の投票で争った。閉会式前に行われた表彰式で昨年に続き三ツ星レストランの楯を受け取った見崎代表は「今回は『炙りチャーシュー丼』での参加でしたが、心を込めて炙らせていただきました」と喜びをかみしめていた。
 このほか、日高別院ゾーンではそうめんに焼いたタイを乗せた「鯛麺」の試食(300円)が行われ、200食分が完売。食べた人は「上品な味」「あっさりしておいしい」と話していた。また、鯛麺を盛る大皿の展示もあり、1枚300万円という高価な「伊万里焼」などが目を引いていた。境内では「Betuin Cafe」がオープンし、夜間にはライトアップも。日高高校生の書道パフォーマンスも好評だった。
 松原通り商店街ゾーンでも駐車場や旧店舗、天性寺などを使って高校生の演奏や茶席、バザーがあり盛り上がっていた。

関連記事

フォトニュース

  1. 御坊・日高のために頑張ります!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. いなみまめダムマラソン

    11月 3 @ 8:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る