御坊市で林先生が講演

 平成26年度第1回市民教養講座は25日、御坊市民文化会館大ホールで開講。東進ハイスクール・東進衛星予備校現代文講師の林修さんがコミュニケーションをテーマに語った。 流行語となったテレビCMの「いつやるか? 今でしょ」で有名な林さんの講演を聴こうと、会場はほぼ満席。林さんは「本当はビジネスでのコミュニケーション力など話すつもりだったが、客席の皆さんを見ると試験より健診を受ける方が多い年代のようなので、内容を急きょ変更します」と、家族関係を例にコミュニケーションについて語った。父と息子・父と娘・母と息子・母と娘の4パターンを挙げ、「父と娘、母と息子は基本的に仲良し。母と娘は反抗期などには大変だが、ある年齢に達すると急に仲良くなる。一番難しいのは父と息子。人をつなぐのは愛と尊敬だが、愛が意外ともろいのに対し尊敬は一度得ると強い。『うちの親父なかなか大したもんだよ』と思わせたら勝ち。それには日常生活をきちんとすること」などアドバイス。「人は、『この人なら分かってくれる』と思った時に初めてその人の言葉を本気で聞く。話を聞いてほしいならその人を観察し、理解して、まず人間関係を構築することが大事。いかに相手のゾーンに入っていくか」とし、「ぼくの仕事には固定客がいない。予備校だから、毎年来ている固定客がいると逆に評判が悪くなってしまう」と笑わせ、「毎年新しい生徒に『どう言えば通じるのか』と観察し、工夫して授業しているからこそ23年も続けられている」と話した。「ぼくがスタッフを選ぶ時に基準にしているのは行儀のよさ。正面から人とちゃんと向き合うことができるか。靴をきちんと磨く時と同じ。『磨く』と『こする』は同じような行為だが、正面からそれに向き合い、丁寧にやらないときちんと磨くことはできない。人と人の間に摩擦が生じるのは、人間関係を『磨く』のではなく『こすって』いるから」と持論を展開。子育てについて、母方の祖母の力が特に大きいとし、「皆さん、かわいい孫には丁寧に生きること、正面から人と向き合う力をつけることを教えてあげてください」と呼びかけた。最後に「きょう聴いてくれた中で一つでも役に立つことがあったらそれはいつやるの、今でしょ」と締めくくった。

関連記事

フォトニュース

  1. おにぎりはやっぱり梅!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る