寺内町で人力車に乗ろう

 ごぼう商工祭が25日に旧御坊町の寺内町一帯で行われる。6年目となる今回のテーマは「寺内町を楽しむ」となっている。
 多彩なイベントの中でも注目は、人力車での寺内町散策。浅草で活動しているプロの引き手「車夫(しゃふ)」と人力車を呼んで、小竹八幡神社と日高別院を往復するコース(片道15分で500円)を設定している。御坊でかつて人力車が走っていた話は聞かないが、大正から昭和初期にかけての古い町並みが残る寺内町に人力車のイメージはなかなかマッチすると思う。
 となると、本格的に御坊でも観光客向けの人力車を走らせることができないだろうかと考える。全国的には人力車が体験できる観光地はたくさんあるし、人力車の古い歴史を持った土地もあり、御坊で走らせるとなると、もはや〝何番煎じ〟になるのか分からない。それでも語り部も兼ねた車夫が解説しながら人力車で町並みを散策するのは結構オツなものかもしれない。そして何より、人力車が御坊の寺内町の散策に向いていると思うのは、古い建物が集中してあるのではなく、点在しているところ。この点在しているというのは、歩く距離が長くなる点で観光地としてはマイナス要因にもなりえるが、だからこそ人力車が役に立つ。健康増進も兼ねてあえて歩くのがいいという観光客には、そうしてもらえばいい話である。
 とはいうものの、経費や労力がかかる人力車はボランティアだとできないだろうし、商売として立ち上げたとしても、PRや誘客のための工夫、努力が必要で、すぐに儲かるようなところまではいかないか。何にしても商工祭で人力車に一度乗ってみて、いつもと違う目線で寺内町の将来を考える機会になればと願う。(吉)

関連記事

フォトニュース

  1. ほんまもんみたいや!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町第3回納涼夏祭り

    8月 25 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る