甘~いトマトジュース 夏から販売

 みなべ町埴田の障害者就労支援施設なかよし作業所は、昨年から試験的に生産・販売していたトマトジュースを夏から本格販売する。これまで手作業で生産してきたが、6月下旬にも瓶詰めにする充填(じゅうてん)機を導入することが決まり、ニーズに応える態勢も万全。糖度の高いミニトマトを使った100%のトマトジュースで、体にいいのはもちろん「甘くて飲みやすい」と好評を得ており、人気商品になることが期待されている。
 同作業所は3年前、南部中学校正門近くに加工場を新設。みなべや印南町、御坊市名田町の農家からミニトマトを仕入れ、ケチャップやピューレ、ジャムなどに加工して販売してきた。ジュースはもともとケチャップの消費宣伝で「このトマトを原料に使っています」とPRするために作ったが、消費者から「このままでもおいしい」との意見が多かったことから、昨年試作品として製造。原材料はミニトマトと0・1%程度の塩だけで、トマトのおいしさが濃厚に凝縮されている。1瓶180㌘入りで、商品名は「こい味」。
 顧客に注文を受けて月に20~30本作る程度だったが、「甘くて、トマトジュースが嫌いな人でも飲める」「後味がさっぱりしている」など少しずつ人気が高まってきた。ただ瓶詰めなどの作業に手間がかかることから、読売光と愛の事業団の助成事業「生き生きチャレンジ」に申請。80万円の助成を受けられることが決まり、トマトジュース用の充填機を購入することにした。6月下旬にも設置できる見通しで、7月ごろから販売をスタートする。手作業に比べ作業効率は3倍ほどアップできるという。すでに産品販売所などから「トマトジュースを置いてほしい」との依頼も受けている。同作業所では「トマトの栄養、おいしさがそのまま入っています。冷やして飲むとすごくおいしいです。売り上げが増えれば作業所で働く人の収入アップにもつながるので、人気商品になってほしい」と期待を込めて話している。

関連記事

フォトニュース

  1. 町長さん、わざわざありがとうございます

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る