NTT御坊別館 災害に備えドア改修

 西日本電信電話㈱(NTT西日本)は、津波避難ビルとして御坊市と協定を結んでいる薗地内、御坊別館ビルのドアを、外部から解錠できるよう特殊な改修を行い、20日に地元区長らに説明会を開いた。ドアの一部を破壊して鍵がなくても開けられる仕組み。災害時には、これまで鍵を保管している地元区長らが開けることになっていたが、これで一層スムーズな避難に役立ちそうだ。
 ドアの一部が大きさ20㌢四方、厚さ5㍉程度の石膏ボードのような材質でつくられており、もしもの場合は手や石で破壊し、手を突っ込んでドアの鍵を回す仕組み。1階と4階のドアに設置しており、今回はサンプル品を使って実際に参加者の一人が解錠を行った。ある程度力を入れて拳でたたくと破壊でき、うまく鍵を開けることができた。鍵がなくても入れることで平常時のセキュリティーが問題になるが、ドアの一部を破壊すると警備会社に通報が入るようになっている。同行した市防災対策課の大川秀樹課長は「NTTさんの協力と世耕事務所、二階事務所のはからいで整備できました」と説明した。改修費の32万4000円は、市が全額負担した。
 市街地には津波の一時避難ができるような高い建物や場所が少ないため、4階建ての同社御坊別館ビル(高さ15㍍、340人収容可)は貴重な避難場所となっており、御坊市は地震発生時に活用できるよう、NTT西日本と平成24年1月に災害協定を締結。同ビルには外階段がなく、裏手のドアから入るための鍵をこれまで地元区長3人と市役所が保管していた。しかし、地元住民らが避難訓練を行う上で、「鍵の到着を待っていてはスムーズに避難できない」などの不安の声が出ていた。

関連記事

フォトニュース

  1. 10日には発送します

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る