世界遺産登録は梅産地の進化へ

 みなべ町と田辺市の梅産地では梅産業を世界農業遺産に登録しようと、今月下旬には推進協議会を立ち上げる。今後は農林水産省の審査などのハードルはあるが、来年6月ごろの登録を目指して取り組みを進めている。
 両市町での梅栽培の歴史は古く、400年前の江戸時代から。地元住民の知恵と工夫で日本一の産地を築いてきた。明治には生産と加工を一手に行うという経営が始められ、この当時から6次産業化が行われていたことになる。
 世界農業遺産は、近代化の中で失われつつある伝統的な農業や農法などを保全しようとするシステム。次世代へ受け継いでいくというのが狙いだが、江戸時代や明治時代の栽培方法と現代の栽培方法を比べるともちろん大きな違いがある。過去からあった方法をそのまま引き継いでいる訳でない。全体的システムからみれば、基本部分では変わらないかもしれないが、細かな部分は常に改善されてきた。例えば、収穫作業の効率化、スプリンクラーなどによる防虫管理、商品の流通など近代化された。
 果実に関する食の部分でも同じだ。昔は食べ方といえば梅干し、梅ジュース、梅酒ぐらいだったが、近年ではハチミツを加えるなどした調味梅干しも登場。菓子などに利用した新商品も開発されている。こうした変化・改善が日本一の産地の形成につながったといえる。
 世界農業遺産は農業システムの継承が目的だが、登録による効果としては梅のアピール度が強まることや観光客の増加などが挙げられている。認定されれば、一層の梅産地の進化につながるきっかけになることは間違いない。 (雄)

関連記事

フォトニュース

  1. 前から失礼いたします

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町第3回納涼夏祭り

    8月 25 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る