御坊寺内町の中川邸改修進む

 御坊市寺内町のシンボルといえる横町の「中川家の邸宅」を食事処や展示場などにして活用しようと、県福祉事業団は、建物の改修工事を進めている。食事処は一般客にそばや軽食を提供する場として、早ければ6月末に完成し、7月上旬にオープン。障害者の就労訓練施設にするのが目的だが、寺内町観光の推進にも一役買ってくれそうだ。
 食事処となるのは、邸宅の敷地内にある木造の倉庫(元は農機具等収納)で、現在、老朽化に伴う改修やリフォームとともに、増築も進めている。完成すれば、倉庫部分にテーブルやいすで18席分を用意し、増築部分を調理場にする。そばの調理には、経験を積んだ料理人を雇う予定。就労訓練をする障害者は8人がすでに決まっており、運営を手伝う。
 当初、中川家の住居部分を改修して食事処にする計画だったが、建物が古いため難しく、住居部分は建物の外観をそのまま復元して、障害者の芸術作品などの展示場にするよう計画を変更。こちらの改修工事は7月中に着工して、完成は今秋。食事処が先行してオープンする格好となる。同事業団は「地元商店街などとも連携して、寺内町観光推進の取り組みにも協力したい」と話しており、寺内町への集客アップにつながると期待される。
 中川家の邸宅は、昭和10年、当時1000円で一般住宅が建てられた時代に10万円の巨費と5年もの工期をかけて建築され、「日高御殿」と称されたほど。大阪在住の所有者の意向で取り壊しの可能性があったが、市内有志の御坊まちづくり委員会(野村義夫会長)が古い町並みを保存させようと購入希望者を募り、同事業団が趣旨に賛同して購入した経緯がある。

関連記事

フォトニュース

  1. つながり絶やさぬ社会へ

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る