スポーツの魅力を感じて

 東京の両国国技館で行われている大相撲夏場所が熱くなっている。6日目の去る16日、満員御礼の垂れ幕が下がった。15番行われる大相撲の前半戦(一般的に2日目から6日目まで)の平日に国技館で大入りになるのは、なんと17年ぶりだったという。その17年前とは、曙が貴乃花を決定戦で下して優勝した夏場所だそうだ。若貴ブームといわれたように、日本人のスター力士が相撲人気を支えていた。最近は外国人力士に押されて人気も下火となっていたが、遠藤という23歳の若きホープの存在が相撲人気を再び盛り上げようとしている。今場所の4日目には横綱の鶴龍を破って金星を挙げた。やはりスター選手がいるかどうかでそのスポーツの人気が左右されるいい例だろう。
 スター選手といえば、サッカー日本代表 23人が先日発表された。4年に一度のサッカーの祭典、ワールドカップ開幕まで3週間を切った。半数以上の12人が海外でプレーしている選手というのも、過去最強のスター軍団といわれるゆえんだ。予選グループで戦うコロンビア、ギリシャ、コートジボワールの3チームはいずれも日本よりもFIFAランキングは上位。簡単に勝たせてくれる相手ではないが、相撲界の遠藤のように格上を倒してくれると、多くの国民が楽しみにしている。
 少子化に歯止めがかからないいま、子どものスポーツ競技人口は減る一方だ。日高地方でも傾向は顕著で、サッカーは10年ほど前からあまり減っていないが、他の競技ではチーム数は減る一方で、相撲はとくに寂しい状況だ。サッカーワールドカップや相撲界の盛り上がりが、子どもたちにスポーツの魅力を発信してくれると期待している。(片)

関連記事

フォトニュース

  1. 今年も咲きました!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る