安珍・清姫が地球を一周

 ことしは日本とスペインの交流が始まって400年、熊野古道の世界遺産登録から10周年となり、和歌山県から下宏副知事を団長とする文化交流団がスペインを訪問した。日高地方からも道成寺の小野俊成住職(52)が参加し、500年の歴史を誇るサンティアゴ・デ・コンポステーラ大学などで絵解き説法を披露。小野住職は今回が4回目の海外での説法となり、安珍と清姫が日高川から海を越え、ついに地球を一周した。
 サンティアゴ・デ・コンポステーラ大聖堂では和歌山の伝統、精神文化を紹介する和歌山文化プロモーションがあり、熊野速玉大社の神楽「神なぎの舞」や那智山青岸渡寺の熊野修験者による法螺貝演奏などが多くの市民やマスコミ関係者を魅了。道成寺の小野住職もガリシア州のサンティアゴ・デ・コンポステーラ大学とマドリードで絵解き説法を英語で披露した。
 小野住職は22年前の1992年、アメリカのワシントンで開かれたコロンブスアメリカ大陸到達500年記念展で英語の絵解き説法を行ったのが初の”海外公演”で、その後のカナダ、韓国に次いで今回は4回目の海外。「最初のコンポステーラ大学は、教授や職員ら大学のスタッフばかり約200人の前で絵解き説法をさせていただきました。なんといっても500年の伝統を持つ大学ですから、講堂も重厚な雰囲気が漂い、説法もあまり笑いはなかったですが、2度目のプロモーション会場は、客席が観光関係者ばかりだったせいか、皆さん、ゲラゲラ笑っておられました」と振り返り、「これで大西洋はまたいでいませんが、安珍・清姫の絵解きがアメリカ、アジア、ヨーロッパとほぼ地球を一周できたということになりますね」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. これで初日の出も安全

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る