安珍・清姫が地球を一周

 ことしは日本とスペインの交流が始まって400年、熊野古道の世界遺産登録から10周年となり、和歌山県から下宏副知事を団長とする文化交流団がスペインを訪問した。日高地方からも道成寺の小野俊成住職(52)が参加し、500年の歴史を誇るサンティアゴ・デ・コンポステーラ大学などで絵解き説法を披露。小野住職は今回が4回目の海外での説法となり、安珍と清姫が日高川から海を越え、ついに地球を一周した。
 サンティアゴ・デ・コンポステーラ大聖堂では和歌山の伝統、精神文化を紹介する和歌山文化プロモーションがあり、熊野速玉大社の神楽「神なぎの舞」や那智山青岸渡寺の熊野修験者による法螺貝演奏などが多くの市民やマスコミ関係者を魅了。道成寺の小野住職もガリシア州のサンティアゴ・デ・コンポステーラ大学とマドリードで絵解き説法を英語で披露した。
 小野住職は22年前の1992年、アメリカのワシントンで開かれたコロンブスアメリカ大陸到達500年記念展で英語の絵解き説法を行ったのが初の”海外公演”で、その後のカナダ、韓国に次いで今回は4回目の海外。「最初のコンポステーラ大学は、教授や職員ら大学のスタッフばかり約200人の前で絵解き説法をさせていただきました。なんといっても500年の伝統を持つ大学ですから、講堂も重厚な雰囲気が漂い、説法もあまり笑いはなかったですが、2度目のプロモーション会場は、客席が観光関係者ばかりだったせいか、皆さん、ゲラゲラ笑っておられました」と振り返り、「これで大西洋はまたいでいませんが、安珍・清姫の絵解きがアメリカ、アジア、ヨーロッパとほぼ地球を一周できたということになりますね」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. 家族仲よく「和」の1年に

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る