小梅の出荷スタート

 梅の主産地、みなべ町と印南町の管内で18日から小梅の出荷が始まった。初日はJA紀州に2392㌔が運び込まれ、京阪神の市場に送られた。同JAは「生育の状況は、昨年比で2~3日程度遅い。カメムシによる被害果もみられる」と話している。古城梅の出荷は21日から、主力の南高梅は今月下旬からとなっている。
 小梅は主力品種の南高梅の交配樹として植えられていることが多く、栽培面積は全体の数%程度。当地方で栽培されている中で最も収穫の早い品種で、小梅が梅収穫シーズンの皮切りとなる。
 初日は海岸部の地域を中心に収穫。みなべ町気佐藤地内の統合選果場ではサイズ別に分ける選別機にかけるなどの作業を行ったあと、4㌔入りの箱に入れて出荷した。JAでは「初日はLサイズが中心だった。南高梅の収穫が始まる前の24・25日ごろがピークとなりそう」と話している。農家らは「梅の収穫は小梅から始まるので、ことしも梅の時期が来たことを実感する。これから6月末ごろまでは忙しくなりそうだ」と話していた。
 JA紀州では、昨年の小梅の販売実績は34㌧。ことしは不作ということもあり、23㌧を目標にしている。県内の生産量は1130㌧で、前年比85%となっている。すでに収穫が始まっているJA紀南管内では、Lサイズの秀品が㌔当たり600円程度で取引されている。同JAでは「出始めの価格で、昨年と同じぐらい」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. お、ナイススイング!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る