議論に必要なのは公正さと敬意

 ビッグコミックスピリッツに掲載された「福島の真実編」22・23話の描写が「風評被害をあおる」として物議を醸している「美味しんぼ」(雁屋哲原作、花咲アキラ画、小学館)。食べることも漫画も好きなので20年ほど前から読んでおり、103巻の「和歌山編」は本欄でも紹介した。
 だが筆者にとっては、物語としては山岡士郎と栗田ゆう子が結婚した47巻の時点で完結しており、以後は別作品と受け止めている。主人公達の成長を通じ食の奥深さを追求していた当初の姿勢から、食を巡る社会問題の告発に内容が変わり、物語性が薄くなっているように思えたので。それでも最後まで読まなければその作品を読んだとはいえないと、新刊が出るたび目を通している。最新110巻「福島の真実①」も読んだ。
 今月19日発売分の24話で「福島の真実」は完結する。この問題自体に関しては、そこまで読まないと論じられないと思う。筆者が報道から感じたのはそれよりも、論争ばかりがあまり過熱するとかえって問題の本質が見えなくなるのではということだ。
 反対する側を感情的に攻撃しても、実りある議論はできない。どんな問題にせよ、理性的に穏やかなトーンで語り合える、開かれた空気が社会には求められるのではないか。それには冷静で公正な視点、そして議論相手への敬意が必要だ。生命と環境の問題については、自然の中に生きる本能と文明人としての英知を最大限に発揮しながら、問題の本質を見極めて対処法を探っていく必要がある。感情的に攻撃し合っている場合ではない。
 次の111巻は「福島の真実」の続編であると同時に、山岡士郎と海原雄山親子の形だけでない真の和解につながる物語が描かれるようだ。久しぶりに先行きを楽しみにしている。(里)

関連記事

フォトニュース

  1. 今年で25年目です

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る