よい歯のコンク 御坊保健所最優秀に塩路さん母子

 日高歯科医師会(柏木健生会長)の第6回家族でよい歯のコンクール御坊保健所審査が14日に行われ、最優秀賞に印南町山口、主婦塩路加奈子さん(27)、嵩流(たける)君(3)母子が選ばれた。7月に行われる県審査に進む。ともに虫歯はなく、「理想的な歯並び」と高い評価を受けた。優秀賞4組とともに6月7日に御坊市中央公民館で開くよい歯のフェスティバルで表彰される。
3歳児歯科検診を受診した親子が対象で、ことしは歯科医師の推薦を受けた5組が、この日の最終審査に進んだ。
 審査は歯科医師会の五木田恒明さんと中野真行さん、田辺保健所の野村繁雄所長(御坊保健所長兼務)が行った。塩路さんは母子とも虫歯はなく、歯並びや歯ぐき、口の中の清掃状態などすべての項目で優秀との評価となった。五木田さんと中野さんは「理想的な歯並びで、口の中は非常に清潔、日頃の努力の成果がしっかり表れています。最優秀賞にふさわしい」と太鼓判。野村所長も「母子ともに歯も体も健康的」と絶賛していた。
 小学低学年のころ、乳歯で一度だけ治療経験がある加奈子さんは、毎日朝と就寝前の2回の歯磨きを実践。たまに糸ようじを使って歯と歯の間を清潔にしている。嵩流君も加奈子さんと一緒に2回の歯磨きを欠かさず、自分で磨くが仕上げは加奈子さんが行っている。加奈子さんは「最優秀に選ばれてびっくりしました。私の兄と弟も子どものころから虫歯がなく、遺伝なのでしょうか。これからも歯磨きをして虫歯にならないよう頑張ります」と笑顔で話していた。
 優秀賞は橋本美佳さん・昇和君母子(御坊市)、串本美恵さん・聖奈ちゃん母娘(日高町)、池田智子さん・桃那ちゃん母娘(由良町)、上山真希さん・陽愛ちゃん母娘(日高川町)が選ばれた。

関連記事

フォトニュース

  1. ブルーハーツがきた

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る