就農支援センターで技術研修スタート

 御坊市塩屋町南塩屋の県農業大学校就農支援センターで12日、技術修得研修の開講式が行われ、イチゴの育苗管理で5カ月間の研修がスタートした。同センターは開設から10年が過ぎ、これまでこの研修を受けた325人のうち72%の233人が県内で就農。今回は脱サラIターン、離職Uターンなどの男女6人で、それぞれの営農ビジョンを胸に、新規、本格就農への第一歩を踏み出した。
 就農支援センターでは農業に興味がある人を対象とした農業体験研修、週末ごとに3カ月間、農業の基礎を学ぶウイークエンド農業塾、5カ月にわたり延べ25日間の技術修得研修など4つの研修コースがあり、今回は技術修得研修の本年度第1班として、30歳から60歳までの6人が参加した。
 開講式では、大江吉人所長が「皆さんの住んでおられる地域はいずれも、若い方の就農者が少なく、それだけに皆さんにかかる地域全体としての期待も大きい。これから暑い夏場にかけて5カ月間の研修が続くが、なるべく早い段階で自分のビジョンをしっかり固め、修了式で計画を発表してほしい」とあいさつ。終了後にはオリエンテーションと研修ほ場の見学などがあり、午後からは1回目の実習としてハウス内でイチゴの苗作りを行った。
 日高川町若野の森幹也さん(30)は以前、滋賀県の琵琶湖でブラックバスのフィッシングガイドをしていたが、事情があって、実家のミカン農家を継ぐためにUターン。「いまは母と2人でミカンやハッサクを作っていますが、私自身はまだ知識も技術も不足していますので、この研修で身につけたことを生かせればと思い、参加しました」と話していた。

関連記事

フォトニュース

  1. 日高の魅力が満載

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る