クマに出会ってしまったら

 7日朝、日高川町愛川地内の山中でツキノワグマが見つかった。全長1.09㍍、体重29㌔、推定3歳の大人になる前のメス。専門家らによって人里に近づかないよう学習させられて山奥に放たれたが、えさを探していたところ、わなの近くにあった大好物のみつの樽に誘われ、イノシシ・シカ用のわなにかかってしまったとみられる。筆者がクマ捕獲の取材をしたのは2回目。(麻酔によって)眠っている姿など見ると、かわいく愛らしい顔をしているのだが、全国的にも人的被害も出ており、危険なのはいうまでもない。
 県によると、クマと出会わないように、森に入るときは鈴やラジオなどで自分の居場所を知らせ、クマのふんや足跡を見つけたらその先には行かないことが大切だそうだ。クマを引き寄せないために、キャンプなどでは食べ物の置き場に注意し、ごみは必ず持ち帰る。もし出会ってしまったら、静かに身を引き、万が一近くにいた場合、慌てて逃げずに、クマをじっと見ながら背中を見せずにゆっくりと離れるようにする。驚かすような動作は絶対にしてはいけないそうだ。
 ツキノワグマは紀伊半島では希少動物とされ、県では保護を基本に狩猟を禁止している。今回の愛川での捕獲は県内では昨年1月の有田川町以来。日高川町では22年6月の上初湯川の妹尾以来4年ぶり。出くわす機会が少ないと思われがちだが、目撃情報は19年度から24年度までの6年間で県内で160件、日高川町でも22件もある。これからの季節、キャンプやハイキングなどで森へ入る機会も多くなる。クマの生活環境によっては人里まで下りて来る可能性もある。もしもの際に備えて、クマへの対応を知っておこう。   (昌)

関連記事

フォトニュース

  1. いろんなキャラクター登場

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 南部梅林

    2月 1 @ 12:00 AM - 3月 1 @ 12:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る