母の日に幸せ感じよう

 あす11日は母の日だ。日ごろいえない感謝の気持ちを表そうと考えている人も多いだろう。筆者は最近、母の日と聞くと「母の日参り」をイメージするようになった。日高地方の方ならご存知の人も多いと思う。母の日に線香と花を持ってお墓参りにいって、家族愛や絆を再認識してもらおうとの取り組みだ。2年ほど前から御坊市名田地区のJA青年部の若者たちが提唱し始めた。きっかけは、親が子を、子が親を手にかける凄惨な事件が連日報道されたのを見て、家族愛をあらためて感じてもらうために、花農家として出来ることはないだろうかとの熱い思いだ。情熱にあふれる人々の思いは必ず他人にも伝わる。
 地道な活動を行っている若手生産者に取材させてもらう機会も増え、いろんな話を聞かせてもらうと、母の日参りという言葉が少しずつだが着実に浸透してきていることを実感できるようになったという。彼らが目指す到達点はバレンタインように、いつかは母の日といえば母の日参りと全国に定着することだ。その思いを持ち続ければ、将来、必ず実現できるだろう。
 彼らの活動は県内にとどまらず、大阪や東京など都市圏でも活発に行われている。積極的な活動があるからこそ新たな出会いがあり、輪が広がっていく。実際、沖縄の花生産者との交流も始まろうとしている。実はこれこそが人との絆の本質なのではないだろうか。顔の見えないネットを介した理解不能な事件が増えている昨今、人はやはり人と交流してこそ絆や愛が生まれる。母の日を一つのキーワードに、それぞれの家族の在り方について考え、また家族がいるありがたさ、いまを生きている幸せを感じてみよう。  (片)

関連記事

フォトニュース

  1. この顔にピンときませんか

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る