村の爺婆のコロッケいかが

 田辺市龍神村、地域活性化に取り組む有志の「村の爺婆の会」(辻達行代表)が昨年10月に柳瀬でオープンした産品直売所が、地元だけでなく県外の観光客からも人気を呼んでいる。特に好評なのは村内特産のサトイモを使ったご当地料理で、なかでも「里芋コロッケ」はオープンから半年たっても好調な売れ行き。ほかにも里芋プリン、里芋シフォンケーキなどアイデア料理が店の運営を支えている。
 村の爺婆の会は、地元のお年寄りの生きがいづくりや地域を盛り上げる目的で、4年ほど前に結成。平均年齢約80歳、59歳から90歳まで15人ほどで産品販売所を運営している。当初はテント販売だったが、県の補助を受けて柳瀬の国道424号沿いに直売所を設置。昨年10月13日にオープンした。毎週土・日・月曜の3日間開店し、好評を得ている。
 メンバーが家庭菜園で作った新鮮野菜やおいしい龍神の米のほか、アイデアを凝らした加工品が好評だ。特にサトイモは、「龍神村といえばサトイモ」といわれるほどの名物で、寒暖の差が大きい気候のため甘みが出るのが特長。この特産品を生かした品は、「ここでしか食べられない商品」として人気を集めている。
 ジャガイモの代わりにサトイモを練りこんだ「里芋コロッケ」(2個入り200円)はオープン当初、テレビで取り上げられたこともあっていまでも一番人気。50パックが午前中に売り切れてしまうこともしょっちゅうで、「最近になってようやく購入できた」と喜ぶ客もいたという。辻代表らメンバーの手作りで、2日にはゴールデンウイークの特別営業(3~6日)を前に、仕込みや調理に追われていた。里芋シフォンケーキや里芋プリンも好評で、いずれもリピーターの多い売れ筋商品。4月からは里芋以外の新商品として、村内で取れたイノシシとシカの肉を使ったシシコロッケ、シカコロッケ(いずれも2個入り260円)を販売。これらの肉のミンチをハンバーグにして使ったシシ肉バーガー、シカ肉バーガー(いずれも300円)も発売中。「ジビエ食品の方の売れ行きはぼちぼちですが、これから徐々に浸透させていきたい」と張り切っている。
 辻さんは「これからゴールデンウイーク、夏場の行楽シーズン、またアユ釣りの季節で行楽客が増えるので、営業日を金・土・日曜に変更し、ここでしか食べられない味があることを多くの人に少しずつでも知ってもらえれば」と笑顔で話していた。

関連記事

フォトニュース

  1. 前から失礼いたします

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町第3回納涼夏祭り

    8月 25 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る