安珍追いかけ炎吐き

 日高川町鐘巻の道成寺で27日、恒例の鐘供養会式が行われた。休日でもあり、例年より多い約1万人の見物客でにぎわった。
 最大の呼び物、ジャンジャカ踊りは日高川の河川敷からスタート。「恋の一念ジャンジャカジャン」のメロディーに合わせて、郷土芸能安珍清姫保存会(地蔵国男会長)や地元鐘巻区民、大成中学校生徒、きのくに信用金庫道成寺支店の庫員ら約70人が担ぐ張り子の大蛇と踊り子が道成寺まで練り歩いた。長さ21㍍もある大蛇は迫力満点。清姫の化身の大蛇は、赤い炎を吐きながら野口小4年の大田士煌(しき)君扮する安珍を追いかけて62段の石段を一気に駆け上がり=写真=、本堂目指して突入。境内では安珍が隠れる釣り鐘に蛇体を巻きつかせ、釣り鐘もろとも焼き尽くした。見事な絵巻物語の再現に観客から大きな拍手が送られた。天候にも恵まれ、張り子の大蛇は、数年ぶりに日高川を野口側から藤井側へ渡り、見物客を楽しませた。

関連記事

フォトニュース

  1. かわいいよ「子」

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町クエ・フェア

    10月 19 @ 11:00 AM
  2. いなみまめダムマラソン

    11月 3 @ 8:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る