印南の笹野さんに藍綬褒章

 平成26年春の褒章受章者が決まり、日高地方からは長年にわたり保護司を務めてきた笹野久代さん(72)=印南町印南原・農業=が更生保護功績で藍綬褒章に選ばれた。県内では業務奨励や消防功績などで8人が受章。笹野さんの伝達、拝謁は12日に東京で行われる。
 笹野さんは平成元年に稲原地区の保護司となり、以後13期26年、罪を犯した人たちの精神的、社会的な支えとして社会復帰した際に幸福な人生を送れるよう献身的に活動。また日高保護司会の印南分会長を務め、社明運動や薬物乱用防止の啓発などにも力を入れている。
 これまでに保護観察の対象となった少年5人を担当。窃盗や交通事故などで1~3年間、毎月2回自宅へ迎え、1回は訪問。いまどんなことをしているのかなど少年たちの話を親身になって聞き、社会復帰を助けてきた。担当してきた少年たちは家業を継いで農業に就いたり、土木の仕事を始めたり、結婚して子どもができるなど、再び罪を犯すことなく、健全な社会の一員となっている。笹野さんは「みんな自分の孫のように接してきました。大人になって結婚したり子どもが生まれたこと、仕事に就いたなどの話を聞くと、うれしくてやりがいを感じます」と笑顔を見せる。受章については「夢にも思っていなかったので、とても驚いていますが、非常に名誉なことと感じています。75歳の定年までの3年間、この受章を励みに続けていきたいです」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. 最後まで諦めない!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=よい睡眠について語る木村さん  ヤクルト御坊センター主催の健康教室が、美浜町吉原の新浜集…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る