県の振興局政策コンペ事業決まる

 県の本年度振興局政策コンペ事業が決まり、日高、西牟婁、東牟婁の3振興局が合同実施する不思議伝説PRの「癒しの国の『妖し』の物語~熊野への聖地巡礼~」など6つの事業が採択された。
 振興局政策コンペ事業とは、各振興局の職員が地域の資源を使って住民、市町村とともに施策を企画・立案、直接、知事にプレゼンを行い、審査を受ける。平成15年度から始まり、25年度までに108事業が実施され、日高振興局はこれまで、平安遷都1300年祭に合わせた「売り込め 平城京ゆかりの地『御坊日高の歴史・食文化の発信』」(22年度)、日高看護学校開校に合わせた「ナースのお仕事PR大作戦」(25年度)などを実施している。
 今回の3振興局合同企画の「癒しの国の『妖し』の物語」は、各地方の不思議、妖怪、民話にまつわる伝承等をまとめたガイドブックを作り、秋には若い女性をターゲットとした観光ツアー「純愛の化身、清姫ゆかりの美人旅(仮称)」を実施。ガイドブックは清姫や小栗判官の照手姫ら女性にまつわる物語を主題とした伝説等を集め、ツアーの参加者に配布し、ツアーでは道成寺や一願寺(田辺市中辺路町)などを巡り、龍神温泉で恋愛座談会を開く。
 このほか、本年度は日高振興局独自企画のサイクリング愛好家の誘客イベント、「お薦め 和歌山ならでは海沿いライン 白崎海岸~煙樹ケ浜の海沿いPR」も選ばれた。

関連記事

フォトニュース

  1. 山も車両も気をつけましょう

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る