日高川の中島さん 釜石へうろこ取り器贈る

 日高川町上初湯川の中島知久平さん(65)は25日、東日本大震災で被災した岩手県釜石市の釜石湾漁業協同組合に自身が発明した「魚のうろこ取り器具」100個を届けた。平成23年9月の台風で被害を受けた日高川町が復興するきっかけにと考案した商品で、今回同組合の力になりたいとの思いから町を通じて送った。中島さんは「関係者の皆さんに喜んでいただき、復興へのさらなる元気と活気につながれば」と話している。
 中島さんは、明るい話題を提供することで、台風被害を受けた日高川町を元気にしたい、活気づけたいとの思いから商品を発明。先日、地震による津波で壊滅的な被害を受けた釜石湾から漁船が出港するニュースを見て、「復興に向かって頑張っておられる釜石の漁協の人たちの力になりたい、喜んでもらいたい」と商品の無償提供を決めた。
 この日、中島さんは役場を訪れ、「組合に尋ねてみたところ、漁師の皆さんが、うろこ取りに頭を悩ませており、ぜひいただきたいとのことでした。今度は釜石の皆さんに喜んでいただき、復興への手助けになれば」と市木久雄町長に商品を手渡した。市木町長は「互いに被災した地域。釜石はとても大きな被害でしたが、きっと喜んでくれると思います」と述べた。
 商品は、料理の際に多くの人を悩ませるうろこを飛び散らすことなく、楽々と取れる優れもの。どんな魚でもきれいにうろこを取り除くことができる上、軽くてコンパクト。洗浄も簡単でとても使いやすいと評判。店頭販売はされておらず、中島さん個人が販売しており、これまで県内を中心に150個ほど売れているという。
 昨年2月に特許を取得。昨秋の第53回暮らしの発明展(一般社団法人全国発明婦人会主催)で特賞の近畿経済産業局長賞を受賞している。

関連記事

フォトニュース

  1. 前から失礼いたします

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町第3回納涼夏祭り

    8月 25 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る