日高川の中島さん 釜石へうろこ取り器贈る

 日高川町上初湯川の中島知久平さん(65)は25日、東日本大震災で被災した岩手県釜石市の釜石湾漁業協同組合に自身が発明した「魚のうろこ取り器具」100個を届けた。平成23年9月の台風で被害を受けた日高川町が復興するきっかけにと考案した商品で、今回同組合の力になりたいとの思いから町を通じて送った。中島さんは「関係者の皆さんに喜んでいただき、復興へのさらなる元気と活気につながれば」と話している。
 中島さんは、明るい話題を提供することで、台風被害を受けた日高川町を元気にしたい、活気づけたいとの思いから商品を発明。先日、地震による津波で壊滅的な被害を受けた釜石湾から漁船が出港するニュースを見て、「復興に向かって頑張っておられる釜石の漁協の人たちの力になりたい、喜んでもらいたい」と商品の無償提供を決めた。
 この日、中島さんは役場を訪れ、「組合に尋ねてみたところ、漁師の皆さんが、うろこ取りに頭を悩ませており、ぜひいただきたいとのことでした。今度は釜石の皆さんに喜んでいただき、復興への手助けになれば」と市木久雄町長に商品を手渡した。市木町長は「互いに被災した地域。釜石はとても大きな被害でしたが、きっと喜んでくれると思います」と述べた。
 商品は、料理の際に多くの人を悩ませるうろこを飛び散らすことなく、楽々と取れる優れもの。どんな魚でもきれいにうろこを取り除くことができる上、軽くてコンパクト。洗浄も簡単でとても使いやすいと評判。店頭販売はされておらず、中島さん個人が販売しており、これまで県内を中心に150個ほど売れているという。
 昨年2月に特許を取得。昨秋の第53回暮らしの発明展(一般社団法人全国発明婦人会主催)で特賞の近畿経済産業局長賞を受賞している。

関連記事

フォトニュース

  1. 思ったより広いな~

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る