日高町長選 金﨑氏が講演会事務所開き

 元町議同士の一騎打ちが確実となっている日高町長選(5月6日告示、11日投開票)へ向けて23日、立候補を予定している金﨑昭仁氏(55)=原谷=の後援会が事務所開きを行った。荊木地内、Aコープ南の事務所には約400人(主催者発表)の支援者が集まり、金﨑氏は「日高町の明るい未来に向かって、子どもからお年寄りまで豊かで安心して暮らせる町づくりを進めていく」と力を込めた。
 まず後援会の鍵本元雄会長があいさつし、「(金﨑氏は)若くて行動力のある人物。皆さま方のお力をお借りして町長の座に押してください。仕事をさせてやってください。きっとご期待に応えるものと確信しています」と支援の拡大を呼びかけた。友人2人や後援会幹事長の芝充彦さん(高家)のあいさつに続いて壇上に立った金﨑氏は「町長という大きな席を与えていただけるものなら、日高町の明るい未来に向かって、子どもから高齢者まで安心して暮らせる町づくりを進めていく」と決意を表明。大地震の防災・減災対策、町おこし、子育て支援、高齢者福祉の重点施策をアピールするとともに「26年度事業を滞りなく行うのが一番大きな公約」などと訴えた。これまでの前哨戦については「出遅れは空気として感じている」と出馬表明、後援会開設などで先行する相手陣営を意識した発言も行い、「1人では本当に力は微々たるもの。ぜひとも皆さんのお力をお借りし、5月6日までには追いつくように持っていき、最終的に追い越したい」と声を張り上げた。最後に青年部の木村好孝さん(小坂)の発声で「ガンバローコール」があり、結束を固めた。
 町長選には同じく元町議の松本秀司氏(58)=志賀=も立候補を予定。松本氏は去る20日に後援会事務所開きを行っている。

関連記事

フォトニュース

  1. ええ感じやで

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る