通過じゃなく宿泊に

 ことしもクラシックカー春の祭典「ラ・フェスタ・プリマヴェラ」が行われ、去る20日には往年の名車約50台が御坊市内日高港などのチェックポイントを通過。日高地方入りは3年連続となった。それにしてもマセラッティやジャガー、ロータス等々、1台で数千万円もするような車を所有できる人はうらやましい限り。古い車なので修理用の部品は特注で、燃費も悪そうだから、維持費だけでも相当なもの。要はお金持ちでなければ到底所有できないということ。あと運転席が狭い車がほとんどで、乗り心地的にはあまりいいとは思えないが、どうなのだろう。そんな余計な心配をしなくても筆者が所有できることはないだろうが…。
 クラシックカーもかっこいいが、ちなみに筆者が好きなのはスポーツカータイプで、国産の「スカイラインGT-R」がナンバー1。レースにもすぐ出場できるほどの圧倒的な速さや足回りが魅力だ。そんなGT-Rに先日、ある会社社長の厚意で乗せてもらい、試運転もさせてもらったが、想像をはるかに上回る性能にびっくり。ますます気に入ったが、これもまた高嶺の花である。
 話はそれたが、来年以降もクラシックカー春の祭典が日高地方をコースに設定してもらえるなら、今度はドライバーの宿泊場所を日高地方にしてもらえないだろうかと思う。〝セレブ〟なドライバーに対して、いまでも日高地方のPRはできていると思うが、ゆっくり泊まって地元の名物料理を食べてもらったりする方が、より一層魅力を感じてもらえるはず。それがひいては観光客の誘致にもつながるのではないか。 白浜もいいが、ぜひ御坊・日高で!  (吉)

関連記事

フォトニュース

  1. 今年は48輪咲きました

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る