日高川町議選 20日午後10時ごろ大勢判明

 定数12に対して現職12人、新人1人の計13候補が熾烈(しれつ)な戦いを繰り広げてきた日高川町議選にいよいよきょう20日夜、有権者の審判が下る。注目の開票作業は午後8時から小熊の川辺西小学校体育館でスタート。得票は8時半から30分ごとに発表があり、10時ごろには大勢が判明する。投票率は、候補者が少なく大きな争点もなかったことから4年前の前回を下回る82%前後となりそう。
 任期満了に伴う今回の選挙は当初、定数削減による激戦が予想されたが、年末年始にかけて現職4氏が不出馬を表明、一転して低調ムードとなった。中津地区など町内各地で新人擁立の動きはあったが出馬には至らず、一部で無投票の声さえささやかれていたが、2月末に新人が名乗りを上げ、1人超の少数激戦となった。定数16を12に削減して初の選挙で、各候補とも一気に上がった当落ラインに困惑。地元で支持を固める一方「1票でもほしい」と街宣カーで広い町内を奔走。スキンシップを図り、街頭演説で住みよいまちづくりへの各種施策や抱負など必死に訴えてきた。上位数人が争うトップはだれか、混戦の下位からどの候補が抜け出すのか。有権者の審判に委ねられた。
 投票率は、新町となって初の選挙だった8年前には87.62%を記録。新町のまちづくりや交流センター建設など争点が多かった。定数削減が争点の4年前は86.44%にダウン。地域別には有権者数の割に候補者が多かった美山が最高の87.00%、次いで中津86.83%、川辺が86.12%。今回は候補者数が前回より5人少ない上に目立った争点もなく、前哨戦から低調。本番に入っても盛り上がりにかけた印象で、ダウンが予想されている。特に中津は候補者が2人と少ないことから有権者の関心は薄くダウンが濃厚。川辺も無関心層の多さなどから下がるとの見方が多い。4人乱立の美山は前回並みとなりそうで、全体的に82%前後までダウンするとの見方が多い。投票は午前7時から午後6時まで。

関連記事

フォトニュース

  1. 今年で25年目です

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る