梅に並ぶトップスターを

 昔から「梅にウグイス」とよく言われる。しかし、実際に梅の木に止まるのはウグイスではなくメジロ。花札に描かれているのも梅とメジロで、これからすれば「梅にメジロ」ということになる。なぜ、「梅にウグイス」と言われるのだろうか。それは梅の木にウグイスが来るという意味ではなく、2つのものが調和したり似合っていたりすることの例え。早春の象徴として親しまれているのが梅とウグイスで、今風に言えば2大スターのコラボといえる。
 みなべ町は、そのスターの1つの梅が日本一の産地。しかし、近年は消費が低迷して価格が下落。十数年前には10㌔入の青梅が1万円を超す値段で取引されたこともあったが、いまでは半値以下という。農家経営も厳しい状態で、急傾斜地の栽培が困難な畑では耕作放棄地もみられ始めた。関係機関では販路の拡大などに躍起で、梅の消費拡大に力を入れている。
 しかし、町の経済を牽引する梅産業も永久的に好景気が続くとも限らない。ミカンなど他の耕作物をみてもかつてのような勢いはなくなった。梅といえど例外ではないだろう。いつかは衰退してしまう時期が来るかもしれない。
 ブランドとなっている梅は守りつつも、新しい産業の開拓が必要な時期に来ているのではなかろうか。農家の経営でも他の有力な作物と複合栽培することで安定する。農産物や水産・林産物のさらなるブランド化を進めたり、違った産業に目を向けたりする取り組みも必要になってくる。もちろん一朝一夕にはいかないが、梅に並ぶウグイスのようなスター産業の創出も考えるべきではなかろうか。   (雄)

関連記事

フォトニュース

  1. 日高のサバで日本一になるぞ!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. いなみまめダムマラソン

    11月 3 @ 8:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る