深海生物のメッセージ?

 静岡県の漁港に幻のサメといわれる深海魚のメガマウスが水揚げされた。このところ深海魚が捕獲されるニュースが後を絶たない。ことし1月以降、日本海でダイオウイカが相次いで定置網にかかったり、太刀魚のお化けのようなリュウグウノツカイ、サケガシラも数例が発見されている。リュウグウノツカイに代表されるように、これら深海生物が打ち上げられると、地震の前兆ではとよくいわれる。ことしのように、これだけ頻繁に見つかると、そういう見方が多くなるのも仕方ない。
 はっきりした原因は分からないが、海水温の変化が影響しているとの見方がある。日本近海だけでなくアメリカなど外国の海でも同じような捕獲例があるようで、地球規模で今までと違う何かが起こっているのは事実だろう。ただ、それを地震と直結させるのは不安をあおるだけで、過剰な心配は禁物。地球温暖化の影響も指摘されており、未知なる海底での出来事といっても、原因は人間が作り出したのかもしれない。地震に用心するにこしたことはないが、もっと身近な危険であり、まさに温暖化の影響だろうゲリラ豪雨や巨大台風などに備えるよう、深海生物たちがメッセージを送っているようにも思える。
 昨年10月、36人が死亡、3人が行方不明になった伊豆大島の土石流被害から16日でちょうど半年がたった。和歌山県にいる限り、土砂災害は隣り合わせの危険の一つで、対岸の火事ではない。これから梅雨の長雨、夏の集中豪雨、秋の台風と雨災害に警戒が必要になってくる。地震・津波対策だけでなく、過去の事例に学び、大雨による浸水から安全に避難できるマニュアル作りも必要な時代だろう。  (片)

関連記事

フォトニュース

  1. 最後まで諦めない!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=よい睡眠について語る木村さん  ヤクルト御坊センター主催の健康教室が、美浜町吉原の新浜集…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る