御坊の北出病院 新一般病棟が完成

 御坊市の社会医療法人黎明会(北出俊一理事長)が行ってきた北出病院の外来・一般病棟の新築工事が完成し、20日から診療をスタートする。昨年6月に1期工事が完了しており、今回の2期工事で病棟全体が出来上がった。2期工事のメーンは透析室で、これまでの17床から30床に増やし、県内でも珍しい最新型の全自動透析装置を導入。非常電源も確保しており、災害支援病院としての役割も充実させた。
 同病院の一部施設が築40年近く経過して老朽化し、耐震性を備えて安全な医療を提供しようと平成24年から旧病棟の北側へ新病棟の1期工事に取りかかっていた。1期工事は昨年6月に完成し、急患の診療態勢を充実させたほか、MRIやCT、マンモグラフィーなど検査機器も最新型に更新していた。
 今回の2期工事では新病棟の玄関、1階待合、2階の調理実習室などを整備した。中でも4階の透析室は県内でも屈指の装置を取り入れた。これまでは管の切り替えや洗浄などを手動で行っていたが、新しい装置はスイッチを押すだけですべて自動で行ってくれる優れものだ。6時間以上の長時間透析や夜間透析にも対応できるようにしている。南海トラフの巨大地震などに備えて4階に配置したほか、非常電源として自家発電装置を完備。停電しても透析でき、御坊医療圏の中の災害支援病院としての役割を果たす態勢を整えた。
 調理実習室は、糖尿病など食事制限が必要な患者や家族を対象に、栄養士が実際にカロリー計算した料理の作り方を指導する。北出理事長は「これで患者さんに安心して医療を受けてもらえる。これからも地域医療の充実に貢献できるように努めていきたい」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. 美浜町で戦没者法要

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る