人気投票で終わらせるな

 前町長死去に伴い、5月6日告示、11日投開票の日程で行われる日高町長選は、町議同士一騎打ちの選挙戦へ突入することがほぼ確実となった。先月19日に前町長の退職が決まり、投開票まで2カ月もない突然の短期決戦。4年間の町のかじ取り役を選ぶのには短すぎるが、だからといって単なる人気投票的な選挙で終わってほしくないと強く願う。
 両氏は、すでに出馬表明を終え、公約を発表した。公約を比較してみると、大地震の防災対策、子育て支援や高齢者福祉の充実、農漁業・商工業の振興、県道・町道整備とほとんど違いがない。「中町政」踏襲ということにも口をそろえる。2人とも3月議会では前町長の提出した一般会計予算に賛成しており、前町政継承の立場を打ち出すのは仕方がないことだが、あまりにも「継承」の意識、アピールが強すぎないか。政策まるかぶりの状況に早くも有権者の間で「争点のない選挙」「どちらの人がなっても同じ」との声が広がっていることは一番の気がかりである。
 選挙とは、有権者の声を聞いた上でお互いの政策をぶつけ合い、よりよい方向を見つけていくことに大きな意義があると思う。「お願いします」だけで、勝敗を決しても町の未来はよくならない。人気投票的な選挙はしこりを残すことにもなりかねず、不安が募る。
 短期決戦といってもまだ有権者に自身の思いを伝える機会はたくさんある。立候補予定者にはもう一度、自身のカラーというものを考えてもらいたい。人が変われば、やることが変わるのは当たり前。有権者も当然そう思っているのだから。夢、ビジョンを語れるというのもトップの資質だと認識し、有権者の関心をひく選挙戦にしてもらいたい。    (賀)

関連記事

フォトニュース

  1. 先輩、ありがとうございます!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る