亀山の桜を楽しもう

 桜の花が見ごろを迎えている。筆者が通勤する県道御坊美山線でも沿道にたくさんの見所がある。年によっては、ピーク前に風雨で花びらが散ってしまい、ピンクの花びらに新芽のグリーンが混ざっていま一つ見栄えがよくないこともある。しかし、ことしは天候がよかったのか、どこの桜を見ても1本の木がふんわりとピンクの綿で包まれているような見事な美しさである。
 春に咲く花の芽は、前年の夏に作られるらしい。そこから休眠し、晩秋から冬の低温にさらされることで眠りから覚めて、開花の準備を始める。春になって気温の上昇とともに花芽が育ち、やがて開花となる。四季がある日本だからこそ、楽しめる花。あえて書く話ではないが、日本の四季がもたらす恵みにあらためて感謝である。
 ところでもう花見はすんだだろうか。日高地方にもたくさんの名所があるが、中でも御坊市湯川町の亀山(標高120㍍)がオススメ。山頂では桜が楽しめるだけでなく、昨年、地元丸山区が周辺の木を伐採して360度の大パノラマが望めるようになっており、まさに絶景。夜間にはちょうちんのライトアップがあり、ムードも満点だ。山頂までは四駆の軽トラならいけるが、道が細いため慣れていないと危ないのでできれば徒歩がいい。時間にして10分から15分程度。少々大変だが、山頂についたあとの絶景とおいしいお酒のことを考えればそれほど苦にもならないはず。さらに、周辺地域の住民にとっては、亀山が地震津波の避難場所にもなるので、まだ登ったことのない人は、花見がてらに歩いてみるのもいい。ただ、くれぐれもゴミは各自で持ち帰りを!     (吉)

関連記事

フォトニュース

  1. ええ感じになってきました

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る