日高川交流センターの太陽光発電運用開始

 日高川町は高津尾の日高川交流センターに太陽光発電設備を設置。きのくに中津荘と中津温泉あやめの湯鳴滝には薪ストーブを導入し、運用を開始した。いずれの施設も災害時の避難施設に指定されており、災害に伴う停電時には電力や明かり、暖房の確保を図ることができる。防災拠点の機能強化へ期待は大きい。
 災害に強いエネルギーシステムの構築を目的とした県の地域グリーンニューディール基金活用事業。交流センターは約500人、中津荘は約190人、あやめの湯は約80人収容できる避難施設で、防災拠点の強化を目指して導入した。交流センターの太陽光発電設備は、施設南側にある2階会議室の屋上へ最大出力238㍗の太陽光パネル42枚を設置。発電能力は10㌔㍗アワーで、年間発電量は9855㌔ワットアワー。ほか15㌔㍗アワーの蓄電池1台と200㍗のLED照明3基も導入した。これによって災害などで停電になった場合でも非常用電源として電力を供給。必要な電気器具の使用や明かり、暖房の確保を図るほか、平成23年9月の台風12号豪雨のように一定期間停電が続いた場合でも、携帯電話の充電場所として施設を開放することで、地域の情報収集力、発信力強化の面でも貢献できる。事業費は3399万9000円。
 薪ストーブは、中津荘がロビー、あやめの湯鳴滝では飲食フロアーに1基ずつ設置した。両施設ともベルギー製の「ドブレ760CB」という製品で、最高出力13㌔㍗。停電の際には暖房はもちろん、薪が燃える真っ赤な炎で明かりを確保。設備には天井部に鍋物や焼き物など料理できるトッププレート、燃焼炉内にダッチオーブンなどがあり、調理器具としても活用できる。薪を常時確保しておくことで、道路寸断などで灯油など燃料の輸送が困難になった場合などにも対応。通常時は観光施設としてレトロな雰囲気をかもし出している。環境にも優しい上、間伐材利用による地域の林業振興にも期待されている。事業費は両施設で442万7000円。
 薪ストーブは、昨年11月に初湯川の美山温泉愛徳荘に設置しており、本年度内には猪谷の美山療養温泉館にも導入する予定になっている。

関連記事

フォトニュース

  1. やにこうおいしいよ~

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る