日高町の中町長を偲んで

 日高町の中善夫町長が亡くなった。筆者とは三十数年来の付き合いで、出会いは御坊警察署で取材中の時。「日高新報さんかい。わし、あんたとことは付き合い長いんやで。1回飲みにでもいこか」と気さくに声をかけてくれた。その後、日高町の担当になり、公私ともにお世話になった。
 中さんを一言でいうと「気遣いの人」という言葉がピッタリだった。ある時、共通の知人が和歌山市から電話で「そっちのおいしいタチウオが食べたい」と言ってきた。2、3度食事などをしただけの関係だったが、中さんは快く了解し、タチウオを自分で釣って和歌山市まで持っていった。筆者も同行したが、段取りはすべて中さんがやってくれた。
 中さんという人は万事がこうした調子で、心も体も休まる時がないのではといつも思っていた。部下の面倒見がよく、常に相手の立場で考える。そんな中さんに「そんなに毎日気遣って生きてたらしんどくないか」と聞くと、「そりゃあ自分がやってあげたことにいい結果が出なかったら確かにしんどい。でも喜んでもらえた時は、そんなしんどさなんて吹っ飛んでしまう」と笑っていた。
 会葬の礼状で奥さんは「夫は仕事一筋に頑張ってまいりました。町政を双肩に担い、土曜も日曜も関係なく働く毎日は大変だったに違いありません。しかし地域の発展に少しでも貢献でき、その中で支えて下さった多くの方と良きご縁を結び、夫は苦労以上にやり甲斐を感じられる日々を謳歌しておりました」と述べており、中さんの気持ちがやっと分かったような気がした。
 中さん、どうか安らかに。そして少しは肩の力を抜いて、大好きなウナギをあてにビールでも飲みながら、日高町を見守っていて下さい。    (高)

関連記事

フォトニュース

  1. 鬼滅のアレも出るかも

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る