JA紀州が発足

 グリーン日高、紀州中央、みなべいなみの日高地区3JAが合併した新しい「JA紀州」が1日、発足した。御坊市の本所駐車場でセレモニーが行われ、新しいロゴマークやマスコットキャラクターを披露した。正組合員数や販売高が県内一を誇る組織のかじ取り役となる久保秀夫新組合長は「組合員の所得を向上させ、喜んでもらえるJAをつくりたい」と抱負を語った。
 幹部ら約50人を前に久保組合長は「組合員の信頼に応え、喜んでもらえるJAづくりへ一生懸命頑張ろう」と短い言葉に決意を込めた。新しいロゴマークとマスコットキャラクターがお披露目され、コンセプトの説明も行われた。最後は元3JA組合長の久保さん、芝光洋さん、鈴木恒雄さんの3人がテープカットし、新しいJAのスタートを祝った。
 セレモニーの後に久保組合長が記者会見。まず「組合員に信頼され、生活がよくなるように努力していきたい」と抱負。エリアは広くなるが、これまで通り各支所や出張所が中心となって組合員をきめ細かくサポートしていくため、本所以外の職員異動はこれまでのJA単位内で行った。南高梅やミニトマト、花などすでにブランド化されている作物はこれまで通りの名称で販売していくほか、3JAに共通するキヌサヤやウスイなどの豆類は今後、新しいブランドとして有利販売していくことへも意欲を示した。
 JA紀州のエリアは日高地方1市6町と田辺市龍神村。正組合員数は1万1984人で県内1位、准組合員も含めると2万4478人(3位)となる。職員数は456人(2位)、臨時職員も含めると717人。野菜や花きなどの販売高は110億4200万円で県内1位となる。

関連記事

フォトニュース

  1. 涼しげでいいですね

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  2. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  3. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  4. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…
  5. B29へ決死の体当たり 欧州で第2次世界大戦が始まったのを受け、米軍は1939年(昭和14)11月…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  ホラー、怪談、恐怖小説、怪奇小説、スリラーなどいろいろ類語はありますが、私はやっぱり日本古来の怪談…
  2.  代表作の「青の炎」や「悪の教典」で今や誰もが知っている人気のホラー作家貴志祐介。デビューから1年目…
  3.  ひとりかくれんぼとは、もともと関西・四国地方において、「コックリさん」と共によく知られる遊びであっ…
  4.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  5.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
ページ上部へ戻る