低調ムード吹き飛ばす1票を

 「私の出身地、大阪松原市の市議選では4㌔四方の小さな町で20以上の候補者が争うものだから、一日に何度も同じ陣営とニアミスする。この広い町ではなかなか他陣営の街宣カーと出会いませんね」。日高川町議選の取材で出会った、ある陣営の運動員の言葉。筆者も取材で車を走らせるが、本当になかなか出会わないのだ。
 今回の日高川町議選は、定数16から12に削減して初の選挙で、当初は激戦が予想されたが、立候補したのは現職12人、新人1人の計13人で1人オーバー。少数激戦の上、目立った争点がなく前哨戦から低調ムード。選挙戦本番に入っても盛り上がりに欠けた印象だ。筆者は選挙期間中、スキンシップで1票をお願いする候補者や街宣カーなどの写真撮影、候補者や陣営への取材などで東奔西走。候補者が前々回より4人、4年前より5人減ったたため、これまでより陣営の街宣と出くわすことが少なくなった。こうなると、町内が広いだけに探すのが本当に大変で、車が行き違いになっていることも多く、有権者が多いところで待ち伏せする方法に変更すると、かえって数時間待ちぼうけになることも。1人超過の少数激戦、争点がないことに輪をかけて、広い町で候補者自体が少ないこともにぎやかさに欠けた。
 日高川町議選は5日間の舌戦が終わり、いよいよきょう20日が投開票。町議会議員は、町民の声を町政に届ける町民の代表者。4年に1回の町民による採点の機会でもある。選挙戦自体はやや盛り上がりに欠けたようだが、投票を放棄せず、町政への熱い思い、代表者へ熱い期待を込めて、1票を投じよう。    (昌)

関連記事

フォトニュース

  1. まちづくりって難しい?

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る