エソワングランプリに115人

 高級かまぼこの材料として知られる魚、エソをターゲットにした釣り大会「エソワングランプリ」(同実行委主催、本紙など後援)の第4回大会が13日、美浜町浜ノ瀬の煙樹ケ浜を大会本部に開かれ、県内外から115人が参加。御坊市御坊の山中政成さん(54)が2年連続で優勝した。エソを”本命”とする大会は全国的にもまれで、関西の釣り人の間でも注目されている。
 同大会はルアー(疑似餌)を使って釣り上げたエソ5匹の総重量で争われる。午前6時から正午まで6時間内なら、どこの釣り場で釣ってもOKで、今回の大会には県内の他、大阪や奈良から多くの参加者が集まった。
 山中さんは出身地となる由良町内の港で2230㌘を釣り上げて2年連続での栄冠。ことしに入り魚はエソしか釣ったことがないという山中さんは「勝つ気で臨んだのでうれしい。これからも連続優勝記録を伸ばせるよう頑張ります」と喜んだ。
 また、大会には2年連続で和歌山県住みます芸人わんだーらんどの東岸誠さん(美浜町吉原出身)も参加。釣りが趣味の東岸さんは開会式で小ネタを披露するなど場を盛り上げ、閉会後には参加者全員で海岸の清掃にも汗を流した。
 エソは通常、魚釣りの外道(ターゲットではない魚)として扱われ、小骨が多いため釣り人からは嫌われている魚。釣り場にそのまま捨てられることもあるが、調理法次第ではおいしく食べられるため、同実行委は未利用魚の見直しと魚食文化の向上も目的の一つに大会を開いているため、全員が釣ったエソを持ち帰るようにしている。

関連記事

フォトニュース

  1. こうやって来てくれたら助かるわ

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る