裁判の傍聴で感じたこと

 1年半前、JR御坊駅前で発生した旅館経営者殺害事件に先日、判決が下った。これまでも管内で殺人事件はあったが、身内や同僚の怨恨などとは違い、旅館の女将さんが宿泊客に殺されるという通り魔に近い凄惨な事件は過去にほとんど例がなく、記者となって17年のうちで最も衝撃的な事件だった。発生当初から関係者や周辺の多くの住民に話を聞いたが、浮かんできたのは女将さんの優しい人柄。犯人は1カ月後に逃亡先の姫路市で逮捕されて解決したが、なぜ殺さなければならなかったのか、まったく理解できなかった。
 1年半たってもその思いは消えず、裁判員裁判を初めて傍聴した。宿泊代が支払えないのなら、金が欲しいのなら、女将さんが外出している間に盗んで逃げればよかったのではないのか。裁判では支払いを猶予してもらえると思い込んだ犯人が、期待通りの言葉をもらえなかったことに自暴自棄になったのが動機とされた。司法の判断なので納得するしかないが、本当にそんなことで突発的に人を殺そうと思うのだろうか。なぜ凶器を常に持っていたのか。少し消化不良の初傍聴だった。
 裁判を通して感じたことは、一人の身勝手な犯行が多くの人を傷つけたということ。最愛の家族を奪われた遺族の悲しみは筆者が到底表現できるものではなく、犯人の友人も事件を防げなかったことを涙ながらに意見していた。犯人が罪を償ってすべてが解決するものではないということだ。とにかくこんな悲惨な事件は二度と起きてほしくない。そのためにも、犯人はどんな環境で育ち、どんな幼少時代を過ごしたのか。人をあやめる心の闇がどこでできてしまったのか。裁判では細部にわたって明らかにしてほしいと感じた。     (片)

関連記事

フォトニュース

  1. この顔にピンときませんか

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る