アワビ復活大作戦に期待

 先日、日高町方杭、町営温泉館前の波止場付近でスキューバダイビングのダイバーによる「復活 クロアワビ放流大作戦」が行われた。水揚げ量が激減しているクロアワビの稚貝を天敵タコの被害を受けにくいとされる手づけ放流する活動。京阪神方面から来た20代から50代までのダイバー54人がボランティアで参加し、水産資源保護に一役買った。
 町内沿岸で「クロ」「シロ」と呼ばれるアワビは、いずれも本当に少なくなってきている。とくにシロより値段が高いクロアワビは厳しい状況。比井崎漁協の本年度3月上旬現在の水揚げ量は、最盛期の10分の1以下の641㌔しかないという。乱獲や磯やけなどが原因とみられ、まだ復活へ向けての糸口すら見えない。
 自宅が海岸沿いの比井。子どものころにはよく漁師に船で磯へ連れってもらって泳いだりした。数時間もたつと、漁師がアワビやサザエをいまでは想像もできないほどとっていた。春から夏にかけての貝のシーズンには、アワビやサザエがいっぱいに入ったバケツを持っていってバーベキューを楽しんだのも懐かしい思い出だ。
 放流したアワビは早ければ3、4年で採取できる9・5㌢以上になる見通し。殻の色の違いで自然のアワビと区別もつくといい、今後漁獲量アップとともに成長スピードの調査に期待がかかる。放流自体は珍しいことではないが、ダイバーたちは「めったにできない体験」と楽しんでいた。ことしは初の企画だったが、地元と観光客双方のメリットが一致する取り組み。今回、大変好評だったことを思えば来年以降、新たな観光イベントとしてもっと大々的にやってみるのもおもしろい。  (賀)

関連記事

フォトニュース

  1. 花言葉は「楽しい思い出」

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る