高騰する燃料費の削減へ強い味方

 原油価格の高騰の影響でハウス加温設備で野菜や花などを栽培する農家が悲鳴を上げる中、生産コストを削減する強い味方の一つとして、温風暖房の熱効率を高める「熱ECO―FIN(エコフィン)」が注目されている。県の補助対象となったことを受けて日高地区のJA管内でも導入が増えており、すでにコストの2割減に成功した農家もいる。
 ハウス栽培では冬場の低温対策として重油によるボイラー設備を導入するのが一般的。ただ、数年前から原油価格が高騰しており、重油価格は現在1㍑98円前後と最も安かったころに比べると約3倍。「作物を作って売っても、重油代で儲けにならない」との深刻な声が聞かれている。
 これに対し、県では生産コストを削減する設備導入への補助事業を展開しており、電気を活用するヒートポンプ、ハウス内の温度を一定に保つ循環送風機、低温を少しでも防ぐビニールの2重被覆などに対して支援している。この中で25年度に一気に普及したのが、エコフィンだ。温風暖房機の円形の缶体(燃焼室)の外部にパネルを取り付けて表面積を約30%増やすことで、空気を効率よく温める仕組み。これにより、2割前後のコスト削減も可能という。
 ピーマン栽培ハウスで一足早く1年前から導入し、試験的にデータを収集した御坊市熊野、山田啓治さん(64)は実際に2割の削減に成功。これがきっかけで紀州中央管内のピーマンやトマト栽培農家が82基が設置した。ピーマンは最低温度を18度に設定しており、10㌃当たり年間130万円前後の重油代が必要になる。2割削減できれば設置費用30万円前後はすぐに償還できるという。みなべいなみやグリーン日高管内も合わせて200基以上を導入するなど人気が高まっている。紀州中央の担当者は「加温がたくさん必要な品目ほど効果は大きい。ほかの品目でも広めていきたい」と推進に力を入れている。

関連記事

フォトニュース

  1. めっちゃ甘いですやん

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 南部梅林

    2月 1 @ 12:00 AM - 3月 1 @ 12:00 AM
  2. ごぼうまちゼミ

    2月 8 @ 12:00 AM - 3月 15 @ 12:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る