記念碑から学ぶ防災

 印南町公民館で16日、県立博物館主催の「歴史から学ぶ防災 印南町をフィールドにして」が開かれ、参加した住民らが町内に残る石碑や古文書から「災害の記憶」を学んだ。講演形式で行われ「鰹節と宝永南海地震」「印定寺に残る高波溺死霊魂之墓碑」などをテーマに、それぞれの講師が話した。
 その中で、印定寺に残る宝永南海地震の「高波溺死霊魂之墓碑」が紹介された。碑には津波が山のごとく凸凹として迫ってきたことや、前代未聞の水の脅威に皆が溺れ親子兄弟がばらばらになったこと、老若男女162人が帰らぬ人になったことなどが記されていた。宝永地震の様子は何度も聞いたことはあったが、実際に当時の文字や文章を見ると、津波が迫ってくる緊迫感や流される人々が生々しく感じられ、津波の恐怖をより身にしみて感じた。
 津波記念碑には供養、潮位標、被害説明、後世への警告、人物顕彰、周年事業などの種類があるという。いずれにしても、津波の恐ろしさを後世に伝え被災を教訓に少しでも被害を減らそうという思いは同じだろう。記念碑を活用した防災は全国的にも行われており、あえて風化していく木の碑を作り、数年ごとに作り直すことで、意識を新たにしようとする取り組みを進めているところもあるという。
 防災についてはどこに避難するか、避難経路はどうする、避難後の生活など、取り組むべきことは多いが根本的に大切なのは、各個人の防災への高い意識。碑には意識をあらためさせられる強いメッセージが込められている。もっと多くの人の目に触れることが必要と感じた。
       (城)

関連記事

フォトニュース

  1. コロナに負けるな!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る