記念碑から学ぶ防災

 印南町公民館で16日、県立博物館主催の「歴史から学ぶ防災 印南町をフィールドにして」が開かれ、参加した住民らが町内に残る石碑や古文書から「災害の記憶」を学んだ。講演形式で行われ「鰹節と宝永南海地震」「印定寺に残る高波溺死霊魂之墓碑」などをテーマに、それぞれの講師が話した。
 その中で、印定寺に残る宝永南海地震の「高波溺死霊魂之墓碑」が紹介された。碑には津波が山のごとく凸凹として迫ってきたことや、前代未聞の水の脅威に皆が溺れ親子兄弟がばらばらになったこと、老若男女162人が帰らぬ人になったことなどが記されていた。宝永地震の様子は何度も聞いたことはあったが、実際に当時の文字や文章を見ると、津波が迫ってくる緊迫感や流される人々が生々しく感じられ、津波の恐怖をより身にしみて感じた。
 津波記念碑には供養、潮位標、被害説明、後世への警告、人物顕彰、周年事業などの種類があるという。いずれにしても、津波の恐ろしさを後世に伝え被災を教訓に少しでも被害を減らそうという思いは同じだろう。記念碑を活用した防災は全国的にも行われており、あえて風化していく木の碑を作り、数年ごとに作り直すことで、意識を新たにしようとする取り組みを進めているところもあるという。
 防災についてはどこに避難するか、避難経路はどうする、避難後の生活など、取り組むべきことは多いが根本的に大切なのは、各個人の防災への高い意識。碑には意識をあらためさせられる強いメッセージが込められている。もっと多くの人の目に触れることが必要と感じた。
       (城)

関連記事

フォトニュース

  1. 南部高の調理実習室で

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る