手取城ブーム、桜と歴史堪能

 先日、日高川町和佐の手取城跡で、地元和佐小学校児童の植樹を取材した。城跡への桜の植樹は60年ぶりで当時、地元住民らによって約200本が植えられたという。そのかいあって城跡は辺り一面桜の木で覆われ、桜の名所としても有名。そんな桜も数十本がシカ被害などで枯れてきており、児童は手取城址保存会のメンバーらとともに苗木を丁寧に植えていた。
 日高川町の担当になって十年近くなるが、今回初めて城跡まで足を運んだ。中世の豪族、玉置大宣(ひろのぶ)が築いたとされる城は、県内最大規模と言われる中世屈指の山城で、標高171㍍の山頂を中心に位置。山の中腹まで車両で上り、残り750㍍を歩いて山頂を目指したが、山はとてつもなく険しくて高く、城跡に着くと、よくこんなところに東西380㍍、南北200㍍の広大な城域を誇る山城を建てたものだとあらためて感心した。城には竪堀や横堀、土塁(どるい)などで防備が固められ、幾つもの曲輪(くるわ)を配置し、多くの空堀もあったという。難攻不落とさえ思える城を攻めるのに敵は手をこまねき、苦労したことは想像に難くなく、亀山城主の湯川直春はどのようにしてこの城を落としたのかなど歴史ロマンに思いを馳せた。
 そんな手取城は、先日発売されたマガジンシリーズ「週刊日本の城」で詳しく紹介され、県立博物館では、10代目城主・直和の爪が来月下旬から展示されるなどちょっとしたブーム。手取城址保存会の関係者は「手取城と玉置氏の偉大さを知ってもらう機会」と話す。城跡の桜は間もなくシーズン。児童が植えた桜の木の成長を願いつつ、美しい桜見物を楽しみながら、歴史に触れてみるのはどうだろう。    (昌)

関連記事

フォトニュース

  1. おはよ~さ~ん

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町第3回納涼夏祭り

    8月 25 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る