手取城ブーム、桜と歴史堪能

 先日、日高川町和佐の手取城跡で、地元和佐小学校児童の植樹を取材した。城跡への桜の植樹は60年ぶりで当時、地元住民らによって約200本が植えられたという。そのかいあって城跡は辺り一面桜の木で覆われ、桜の名所としても有名。そんな桜も数十本がシカ被害などで枯れてきており、児童は手取城址保存会のメンバーらとともに苗木を丁寧に植えていた。
 日高川町の担当になって十年近くなるが、今回初めて城跡まで足を運んだ。中世の豪族、玉置大宣(ひろのぶ)が築いたとされる城は、県内最大規模と言われる中世屈指の山城で、標高171㍍の山頂を中心に位置。山の中腹まで車両で上り、残り750㍍を歩いて山頂を目指したが、山はとてつもなく険しくて高く、城跡に着くと、よくこんなところに東西380㍍、南北200㍍の広大な城域を誇る山城を建てたものだとあらためて感心した。城には竪堀や横堀、土塁(どるい)などで防備が固められ、幾つもの曲輪(くるわ)を配置し、多くの空堀もあったという。難攻不落とさえ思える城を攻めるのに敵は手をこまねき、苦労したことは想像に難くなく、亀山城主の湯川直春はどのようにしてこの城を落としたのかなど歴史ロマンに思いを馳せた。
 そんな手取城は、先日発売されたマガジンシリーズ「週刊日本の城」で詳しく紹介され、県立博物館では、10代目城主・直和の爪が来月下旬から展示されるなどちょっとしたブーム。手取城址保存会の関係者は「手取城と玉置氏の偉大さを知ってもらう機会」と話す。城跡の桜は間もなくシーズン。児童が植えた桜の木の成長を願いつつ、美しい桜見物を楽しみながら、歴史に触れてみるのはどうだろう。    (昌)

関連記事

フォトニュース

  1. いまが見ごろです

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る