御坊駅前強盗殺人事件公判 検察が無期懲役を求刑

 平成24年9月、御坊市湯川町小松原、JR御坊駅前の旅館コトブキ経営の吉井幸子さん(当時71歳)が殺害され現金が盗まれた事件で、強盗殺人の罪に問われた住居不定、無職井倉孝司被告(61)の裁判員裁判の論告求刑公判が19日、和歌山地裁(浅見健次郎裁判長)であった。検察側は「犯行は身勝手で人間性のかけらもない」と厳しく非難し、無期懲役を求刑した。判決は20日に言い渡される。
 検察側は、定職につかず知人からの借金で生活し支払いのめどもないまま連泊し、所持金が底をついて吉井さんから精算を求められると縛り上げて逃げようと企て、アジさき包丁を突き付けて大声を出されると殺すしかないと犯行に及んだ経緯を「あまりにも身勝手で短絡的。人命軽視も甚だしい」と指摘。犯行についても「なんとか助かろうと床をはう吉井さんの首をひもで絞め、刺し身包丁で突き刺しており、執拗で人間性のかけらもない凶悪な犯行。孫の成長を楽しみにし、客のために営業を続け、支払いの滞った被告に対しても心配すらしていた吉井さんに何の落ち度もなく、無念さは想像にあまりある」とし、「被告が自殺を考えていたなどと軽々しく口にするのはあまりにも無責任で、怒りを禁じ得ない」と非難。犯行後、奪った金をビールの購入や居酒屋ですぐに使い切っている点も「自戒の念は皆無」と断罪し、死刑も考慮すべきだが、計画性などがないことを踏まえ「無期懲役が相当」と求めた。さらに遺族の思いを検察側が代弁し、「捜査段階で調書への署名を拒否したり、犯行後も自殺や自首しようと思っていた者の行動とは思えず、真摯な反省はまったくみられない。最も苦しい刑を望みます」との言葉が読み上げられた。井倉被告は最終陳述で「自分の命をもって償うしかありません」とこれまで通りの言葉を繰り返し、弁護側は突発的な犯行であることや社会復帰後に支えてくれる友人がいることなど説明。「被告の年齢を考え、社会復帰が可能な懲役19年が相当」と求めた。

関連記事

フォトニュース

  1. この生命力にあやかりたい

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る