29・30日 美浜町でアートイベント

 都会からのIターン移住先として人気が高い美浜町三尾で29、30の両日、地元を中心に国内外の作家と仲間が集まるアートイベントが開かれる。会場は昨年末、泉南市から引っ越してきたイラストレーター、えんどうひとみさん(53)の海が見えるアトリエビアンコ。参加者の作品の展示、販売ほか、えんどうさんの絵本イラスト原画展などがあり、大賀ハスの池づくりも行われる。
大阪出身のえんどうさんは昭和57年、フリーのイラストレーターとなり、平成13、14、21年にはイタリアボローニャ国際絵本原画展入選。これまで大阪、兵庫を中心に個展、他の作家との交流展、イベントを開催し、4年前からはライフワークとして、大人のための絵本づくりを始めた。
 創作活動の一環で世界を旅しながら、子どものころから好きだった海への思いが高まり、数年前から和歌山県内沿岸部を回って「海の見えるアトリエ」候補地を探した。結果、目の前に太平洋の水平線が広がる三尾の逢母磯バス停東側の景色が気に入り、土地を買い、昨年12月に念願の自宅兼アトリエが完成した。
 今回のイベントは、えんどうさんと同じ三尾に住む四宮トモ子さん(さをり工房彩織)、種池俊朗さん(ライダーハウス・カフェZs House)、平田民子さん(トールペインティング)、石川恵さん(ビーズデザイナー)らが中心となり、県内外と海外からもアート仲間、友人らが集まって、えんどうさんのアトリエ披露を兼ねて開催。各作家の作品展示・販売、えんどうさんの絵本イラスト原画展や日高地方の海を題材にした絵本のラフスケッチ展示などのほか、大賀ハス愛好家の医学博士監修によるハス池づくりも行われる。

関連記事

フォトニュース

  1. エビいっぱいとれたで

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る